1. 鍋特集/煮切り酒

  2. 鍋特集/万能鍋のたれ

  3. 鍋特集/土鍋の使い方

  4. トマトソース

  5. ベシャメルソース

  6. 蓮根/根菜

  7. 秋刀魚

  8. きのこの味覚について

  9. 酢の隠し作用

  10. 中国酢について

  11. 酢について

  12. 香味油3種

  1. 楓蔦黄むの旬菜_牡蠣編

  2. 霎時施すの旬菜_林檎編

  3. 蟋蟀戸に在りの旬菜 薩摩芋編

  4. 菊花開くの旬菜 銀杏編

  5. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  6. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  7. 天地始粛の旬菜 無花果編

  8. 綿柎開くの旬菜 心太編

  9. 蒙霧升降の旬菜 新生姜編

  10. 空蝉鳴の旬菜 じゅん菜編

  11. 大雨時行の旬菜 桃編

  12. 八朔の旬菜 枝豆編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中国茶

最初は薬として

中国の歴史上古くからお茶は飲まれていまして、最初は薬として飲まれていました。

毒を盛られても、お茶を飲めば毒が抜けるということが書かれた文献もあります。

やがて皇帝が飲むようになり、庶民もやがて楽しむようになったということです。

日本人が喫茶店でコーヒーを飲むように、中国の人は喫茶店でお茶を飲んで楽しんでおられます。

淹れ方

まずはマグカップから

中国茶の淹れ方です。

色々な急須や茶器などで淹れる方法もありますが、中国茶を味わうのに初歩的で一番良い方法が、マグカップでいただく方法です。

茶こしが付いたマグカップで、色々な中国茶の奥深さを知っていただければと思います。
淹れ方は簡単です。マグカップの蓋を開けまして。

茶葉を入れます_本日は凍頂烏龍茶を入れます。

凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ/Dong Ding Oolong)_台湾中部・南投県鹿谷郷の周辺地域500m前後の標高の茶園で作られた烏龍茶で、スッキリとした花のような香りが特徴のお茶です。

茶葉はスプーン一杯でお湯300ccくらいを目安に入れます。

お湯の温度は85度から100度で、中国茶葉は発酵させていますので日本のお茶よりはお湯の温度は高めで構いません。

蓋をして30秒ほど待ちます。

楽しむ

香りを楽しむ

30秒から1分経って茶葉が開きましたら、蓋を裏にしてマグカップの茶こしを取り出してのせます。

中国茶の楽しみ方は、茶こしの茶葉の香りを嗅ぎながら、お茶そのものの味も堪能する。

そしてその時間をゆっくりと友人などと話をしながら過ごす、これが中国のお茶の文化だと思います。

動画

飯田徹也シェフ料理塾「中国茶の淹れ方」