1. 和食の定番玉子焼き

  2. フレンチの卵料理

  3. 髙橋有希の野菜彩々

  4. 秋元さくらの魚料理

  5. ベトナムのスープと麺鈴木珠美

  6. 中華のスープ田村亮介

  7. 革新フレンチ魚編髙橋雄二郎

  8. マンマの料理魚介編濱崎泰輔

  9. 海老を食すⅢ中華料理

  10. 海老を食すⅡフランス料理

  11. 海老を食すⅠ鈴木珠美

  12. カツが食べたい

  1. 虹蔵不見 百合根編

  2. 金盞香し マッシュルーム編

  3. 山茶始開 春菊編

  4. 楓蔦黄なり 蓬編

  5. 蟋蟀在戸 生姜編

  6. 霜始降る 浅蜊編

  7. 鴻雁来る 茄子編

  8. 水始涸る セロリ編

  9. 雷乃収声 韮編

  10. 玄鳥去 ブロッコリー編

  11. 草露白し 牛蒡編

  12. 禾乃登る クレソン編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

食べる精神安定剤

処暑の初候_「綿柎開く/わたのはなしべひらく」この時候に「バジル」をいただきます。

綿柎開く_8月23日から8月27日

綿の木の開花は七月から八月ですが、その後蒴果(さくか)と云う実をつけます。
この時候は、その蒴果の実を包む柎(萼/がく)が開き始める頃です。
蒴果がはじけて、中から白いコットンボールの綿花が現れたのを摘み取り、種を取り除いてから糸を紡ぐ作業に入ります。
綿は江戸時代初期に日本に伝わり、長く庶民の着物として親しまれて来ましたが、現代の日本では綿作を行なっているところは殆ど無くなり、七十二候にその名残があるだけです。

この時候に神経を鎮める効果のある「バジル」をいただきます。

バジル_高血圧を予防し改善

シソ科メボウキ属の多年草ハーブ。熱帯アジアからインド、アフリカを原産地とする。爽やかな甘い香りとかすかな苦味を持ち、イタリア料理やタイ料理にで使われる。イタリア語で「バジリコ」、日本語で「目箒(めぼうき)」と呼ばれる。
神経を鎮める作用があり、古代ギリシャ・ローマ時代には、うつ病や不眠症のための精神安定剤として使われていたと云う。

【選び方】葉の緑色が濃く、艶の良いものを選ぶ。茎の切り口がきれいなこともチェックポイントのひとつ。

【旬の時期】一年中で回るが、作付けには気温の上がる5月から6月が最適で本来の旬は7月から9月まで。

【産地】大分県など。

【保存方法】傷みが早く、冷蔵保存でも低温障害で黒ずみをおこしやすいだめ、早めに食べ切る。

【栄養】非常に多くのβーカロテン、カリウム、カルシウムを含み。相性の良いトマトと一緒に調理すれば抗酸化作用も加わり、がんや動脈硬化予防に有効。

以上、『旬の野菜の栄養辞典/エクスナレッジ刊』より