1. お家でおもてなしフレンチ編

  2. 食卓にオードブルを山下敦司編

  3. 熱燗が旨い肴髙橋有希編

  4. 熱燗が旨い肴浅見健二編

  5. 熱燗が旨い肴野﨑洋光編

  6. 熱燗が旨い肴山﨑美香編

  7. マンマの料理肉料理編濱崎泰輔

  8. ベトナムの野菜料理鈴木珠美

  9. 和食の定番玉子焼き

  10. フレンチの卵料理

  11. 髙橋有希の野菜彩々

  12. 秋元さくらの魚料理

  1. 雉始めて雊 摘み菜編

  2. 橘始黄む 落花生編

  3. 虹蔵不見 百合根編

  4. 金盞香し マッシュルーム編

  5. 山茶始開 春菊編

  6. 楓蔦黄なり 蓬編

  7. 蟋蟀在戸 生姜編

  8. 霜始降る 浅蜊編

  9. 鴻雁来る 茄子編

  10. 水始涸る セロリ編

  11. 雷乃収声 韮編

  12. 玄鳥去 ブロッコリー編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

王様だけのもの

大暑の末候_「大雨時行/おおあめときどきふる」 この時候に「モロヘイヤ」をいただきます。

大雨時行_8月1日から8月6日

八朔を過ぎたあたりでは、まだまだ夏は続きます。

この時期、どこからもなく吹いてくる涼風を「夕立あとの田んぼ風」と呼んだそうです。
遠くの田んぼに降った夕立で、あたりが涼やかになり、それが風とともに運ばれてきたというものですが、
現代の都会では、アスファルトの照り返しに温められた熱風が襲ってきます。

この時候、栄養の宝庫『モロヘイヤ』で、「王様だけ」ではなく、庶民も夏に負けない体を培いましょう。

モロヘイヤ_圧倒的なβカロチンの含有量

アオイ科。モロヘイヤはアフリカ北部からインド西部が原産地と考えられ、その歴史は古く、古代エジプトではすでに食用とされていた。アラビア語で『王様だけのもの』の意味で、王の病気の特効薬として珍重され、優れた美容効果からクレオパトラも好んだという。

【選び方】葉と茎がみずみずしく、鮮やかなものを選ぶ。

【旬の時期】夏。6月から9月頃

【産地】群馬県、岐阜県、愛知県など。

【保存方法】鮮度が落ちるにつれて葉が固くなるので、新鮮なうちに食べきること。サッと茹でた後に、しっかり水切りをしてラップに包めば、冷凍保存も可能。

【栄養】βカロチン、ビタミンB,C,Eなどの抗酸化ビタミンをはじめ、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などを含み、その含有量がケタ違いのレベル。

以上、『旬の野菜の栄養辞典/エクスナレッジ刊』より

 

料理事例のレシピは、髙橋有希料理長の料理塾「モロヘイヤのお浸し」をご参考ください。