1. 海老を食すⅢ中華料理

  2. 海老を食すⅡフランス料理

  3. 海老を食すⅠ鈴木珠美

  4. カツが食べたい

  5. 生パスタが食べたい濱崎泰輔

  6. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  7. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  8. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  9. 夏に食べたい中華料理

  10. ベトナムの香草料理鈴木珠美

  11. パプリカ特集

  12. 空豆特集

  1. 雷乃収声 韮編

  2. 玄鳥去 ブロッコリー編

  3. 草露白し 牛蒡編

  4. 禾乃登る クレソン編

  5. オレキエッテOrecchiette/生パスタ

  6. 綿柎開くの旬菜 バジル編

  7. 涼風至の旬菜 南瓜編

  8. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  9. チョコチュジャンについて

  10. 焼き餃子・水餃子の皮

  11. 温風至の旬菜 パプリカ編

  12. 梅子黄の旬菜 空豆編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

体の錆びを防ぐ

立秋の初候_「涼風至/りょうふういたる」 この時候に「南瓜/かぼちゃ」をいただきます。

涼風至る_8月7日から8月11日

小暑の初候の「温風/おんぷう」が「涼しい風」が至る候となりました。
秋風は三転すると云われます。この立秋の秋風はやがて来る秋の訪れを告げるものです。

秋の気配を聞く『秋隣/あきどなり』となりて、夕暮れ時にふと涼しくなるとき「夏の涼」の名称が、秋の「新涼」へと改まります。

夏の暑気に奪われた元気を取り戻すため、この時候に「南瓜」をいただきます。

南瓜_更年期症状の改善を

ウリ科。原産地は中南米で、古くからある野菜。現在出回るものには「日本南瓜」「西洋南瓜」「ペポ南瓜」の3系統があるが、主流は「西洋南瓜」で日本には江戸時代に渡来し、北海道開拓で栽培された。「黒皮栗南瓜」のほか、皮色が赤、緑、白などもある。

【選び方】皮に艶があり、見た目よりも重いものを選び、底が赤味がかった色ならば完熟。切ってある場合は、果肉が濃い黄色で、種がびっしりついているものを選ぶ。

【旬の時期】切らなければ長期保存が可能のため一年中出回る。国産物の旬は5月から9月

【産地】北海道、鹿児島県、茨城県など。

【保存方法】切ってあるものは、ワタと種を取り除いてラップに包んで冷蔵庫で保存。

【栄養】栄養価の高い緑黄色野菜で、炭水化物、βカロテン、ビタミンB群,C、ミネラルが豊富

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

 

料理事例のレシピは、秋元さくらシェフの料理塾「カボチャのサラダ」をご参考ください。