1. 酢の隠し作用

  2. 中国酢について

  3. 酢について

  4. 香味油3種

  5. ノンオイルドレッシング

  6. とうもろこしについて

  7. 梅酒の梅の使い方

  8. 中国茶の淹れ方

  9. 卵かけご飯

  10. 合わせ薬味

  11. 白米を炊く

  12. 複合の味

  1. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  2. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  3. 天地始粛の旬菜 無花果編

  4. 綿柎開くの旬菜 心太編

  5. 蒙霧升降の旬菜 新生姜編

  6. 空蝉鳴の旬菜 じゅん菜編

  7. 大雨時行の旬菜 桃編

  8. 八朔の旬菜 枝豆編

  9. 土用卵 フレンチ編

  10. 蓮始開の旬菜 獅子唐芥子編

  11. 小暑の旬菜 カレイ編

  12. 温風至の旬菜 みょうが編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

穀物酢を活かす

処暑の末候_「禾乃登る/こくもの すなわち みのる」この時候に穀物酢を使った「土佐酢アレンジ3種」をご紹介します。

禾乃登る_9月2日から9月7日

「禾乃登る」の「禾/のぎ」は、稲などの穂先に生えている毛のことですが、それが稲をはじめとする麦・粟(あわ)・稗(ひえ)などの穀物全体を指す言葉となりました。

中国の古書『魏志倭人伝』によれば日本の呼称は「倭/ワイ・やまと」となっています。
「倭」の文字は人偏に「委」と書きますが、白川静の『字通/平凡社』によれば「委」とは、稲魂(禾)を被って低く舞う女を表していると云います。
日本の古い呼称が、「人偏に稲魂(禾)を被っている女」であったということは、稲作と我が祖国が、いにしえより深く繋がっていたということを、思い知らされます。

その末裔である現代の日本人が、〝米の飯〟をあまり食べなってしまったのは、どうしたことでしょうか。
穀物の酢を使った「分とく山」野﨑料理長「土佐酢のアレンジ3種」をご紹介します。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「土佐酢アレンジ3種」

いつもの酢の物が三変化!ココロもカラダも満足する贅沢な副菜

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします