1. ベトナムの香草料理鈴木珠美

  2. パプリカ特集

  3. 空豆特集

  4. 魚を煮る野﨑洋光

  5. カレー彩彩

  6. デュクセルを使った一品古賀純二

  7. 丸鷄をさばく飯田徹也

  8. 大根丸々1本使い切る野﨑洋光

  9. ベトナム料理お米の加工品鈴木珠美

  10. 素材の目利き山下敦司

  11. 新店舗応援特集 ⅲ

  12. 新店舗応援特集 ⅱ

  1. 温風至の旬菜 パプリカ編

  2. 梅子黄の旬菜 空豆編

  3. 生クリームについて

  4. ベトナムコーヒーについて

  5. 桃初笑の旬菜 朝鮮アザミ編

  6. 東風解凍の旬菜 蕗の薹編

  7. 乃東生ずの旬菜 柚子編

  8. 金盞香の旬菜 鱈編

  9. 地始凍るの旬菜 菠薐草編

  10. 楓蔦黄むの旬菜_牡蠣編

  11. 霎時施すの旬菜_林檎編

  12. 蟋蟀戸に在りの旬菜 薩摩芋編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

穀物酢を活かす

処暑の末候_「禾乃登る/こくもの すなわち みのる」この時候に穀物酢を使った「土佐酢アレンジ3種」をご紹介します。

禾乃登る_9月2日から9月7日

「禾乃登る」の「禾/のぎ」は、稲などの穂先に生えている毛のことですが、それが稲をはじめとする麦・粟(あわ)・稗(ひえ)などの穀物全体を指す言葉となりました。

中国の古書『魏志倭人伝』によれば日本の呼称は「倭/ワイ・やまと」となっています。
「倭」の文字は人偏に「委」と書きますが、白川静の『字通/平凡社』によれば「委」とは、稲魂(禾)を被って低く舞う女を表していると云います。
日本の古い呼称が、「人偏に稲魂(禾)を被っている女」であったということは、稲作と我が祖国が、いにしえより深く繋がっていたということを、思い知らされます。

その末裔である現代の日本人が、〝米の飯〟をあまり食べなってしまったのは、どうしたことでしょうか。
穀物の酢を使った「分とく山」野﨑料理長「土佐酢のアレンジ3種」をご紹介します。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「土佐酢アレンジ3種」

いつもの酢の物が三変化!ココロもカラダも満足する贅沢な副菜

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします