1. 鍋特集/煮切り酒

  2. 鍋特集/万能鍋のたれ

  3. 鍋特集/土鍋の使い方

  4. トマトソース

  5. ベシャメルソース

  6. 蓮根/根菜

  7. 秋刀魚

  8. きのこの味覚について

  9. 酢の隠し作用

  10. 中国酢について

  11. 酢について

  12. 香味油3種

  1. 楓蔦黄むの旬菜_牡蠣編

  2. 霎時施すの旬菜_林檎編

  3. 蟋蟀戸に在りの旬菜 薩摩芋編

  4. 菊花開くの旬菜 銀杏編

  5. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  6. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  7. 天地始粛の旬菜 無花果編

  8. 綿柎開くの旬菜 心太編

  9. 蒙霧升降の旬菜 新生姜編

  10. 空蝉鳴の旬菜 じゅん菜編

  11. 大雨時行の旬菜 桃編

  12. 八朔の旬菜 枝豆編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

苦味がクセになるゴーヤ

熱帯アジアから伝わった夏に最適の「ゴーヤ」をいただきます

ゴーヤ

ウリ科、原産地は熱帯アジアで、日本へは江戸時代に渡来、「苦瓜」「つるれいし」とも呼ばれる。独特の苦みとシャキシャキとした歯ごたえに特徴があり、ビタミンCが豊富な野菜として近年ブームに、改良が進み、苦味の少ないタイプも出回るようになった。普段、野菜として食べているのは、未熟な緑色の果実。熟して黄色くなると苦味が減り、完熟すると割れて、中心には真っ赤な果肉に包まれた種が顔をのぞかせる。完熟した果肉は非常に甘く、緑色のときとの味の違いに驚かされる。

 

【選び方】ツヤがあり、いぼがしっかりとしているもの。新鮮であれば苦味は少ない

【旬の時期】一年中出回るが、本来の時期は6月から8月

【産地】沖縄県をはじめ宮崎県、大分県、鹿児島県など、群馬県でも

【栄養】同じ仲間の胡瓜に比べてビタミンCが5倍含まれ、βカロチンやミネラルも豊富である。

 

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

 

ベトナム料理「Kitchen(キッチン)」
鈴木珠美 シェフ「ゴーヤと卵の炒め物」

暑い夏にもご飯がすすむ南ベトナムのスタミナ料理

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします