1. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  2. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  3. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  4. 夏に食べたい中華料理

  5. ベトナムの香草料理鈴木珠美

  6. パプリカ特集

  7. 空豆特集

  8. 魚を煮る野﨑洋光

  9. カレー彩彩

  10. デュクセルを使った一品古賀純二

  11. 丸鷄をさばく飯田徹也

  12. 大根丸々1本使い切る野﨑洋光

  1. 涼風至の旬菜 南瓜編

  2. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  3. チョコチュジャンについて

  4. 焼き餃子・水餃子の皮

  5. 温風至の旬菜 パプリカ編

  6. 梅子黄の旬菜 空豆編

  7. 生クリームについて

  8. ベトナムコーヒーについて

  9. 桃初笑の旬菜 朝鮮アザミ編

  10. 東風解凍の旬菜 蕗の薹編

  11. 乃東生ずの旬菜 柚子編

  12. 金盞香の旬菜 鱈編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

苦味がクセになるゴーヤ

熱帯アジアから伝わった夏に最適の「ゴーヤ」をいただきます

ゴーヤ

ウリ科、原産地は熱帯アジアで、日本へは江戸時代に渡来、「苦瓜」「つるれいし」とも呼ばれる。独特の苦みとシャキシャキとした歯ごたえに特徴があり、ビタミンCが豊富な野菜として近年ブームに、改良が進み、苦味の少ないタイプも出回るようになった。普段、野菜として食べているのは、未熟な緑色の果実。熟して黄色くなると苦味が減り、完熟すると割れて、中心には真っ赤な果肉に包まれた種が顔をのぞかせる。完熟した果肉は非常に甘く、緑色のときとの味の違いに驚かされる。

 

【選び方】ツヤがあり、いぼがしっかりとしているもの。新鮮であれば苦味は少ない

【旬の時期】一年中出回るが、本来の時期は6月から8月

【産地】沖縄県をはじめ宮崎県、大分県、鹿児島県など、群馬県でも

【栄養】同じ仲間の胡瓜に比べてビタミンCが5倍含まれ、βカロチンやミネラルも豊富である。

 

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

 

ベトナム料理「Kitchen(キッチン)」
鈴木珠美 シェフ「ゴーヤと卵の炒め物」

暑い夏にもご飯がすすむ南ベトナムのスタミナ料理

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします