1. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  2. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  3. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  4. 夏に食べたい中華料理

  5. ベトナムの香草料理鈴木珠美

  6. パプリカ特集

  7. 空豆特集

  8. 魚を煮る野﨑洋光

  9. カレー彩彩

  10. デュクセルを使った一品古賀純二

  11. 丸鷄をさばく飯田徹也

  12. 大根丸々1本使い切る野﨑洋光

  1. 涼風至の旬菜 南瓜編

  2. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  3. チョコチュジャンについて

  4. 焼き餃子・水餃子の皮

  5. 温風至の旬菜 パプリカ編

  6. 梅子黄の旬菜 空豆編

  7. 生クリームについて

  8. ベトナムコーヒーについて

  9. 桃初笑の旬菜 朝鮮アザミ編

  10. 東風解凍の旬菜 蕗の薹編

  11. 乃東生ずの旬菜 柚子編

  12. 金盞香の旬菜 鱈編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

優れた利尿作用

原産地はインド・ヒマラヤ山麓「きゅうり」を夏至の時候にいただきます

胡瓜/きゅうり

ウリ科、原産地はインドのヒマラヤ山麓。日本では8世紀(奈良時代)に、食用にされていた記録がある。普及したのは江戸末期、語源は黄瓜(きうり)で、完熟すると皮が黄色になる。水分が95%もあり、熱さに火照った体を冷やしてくれる夏に欠かせない野菜。きゅうりを生食する場合もさっと湯通しすると青臭さが弱まり、色がいっそう鮮やかになる。

 

【選び方】触ると、痛いほどのとげがたくさんあると新鮮で、細すぎたり太すぎるとおいしくない

【旬の時期】一年中出回るが、5月から8月が本来の旬

【産地】宮崎県、群馬県、福島県、埼玉県、千葉県など

【栄養】水分が豊富(95%)、脂肪分解酵素やビタミンK、ビタミンC、カリウムを多く含む。また、青臭い香気の成分であるビラジンには、血液をサラサラにする効果があると云われている。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

フランス料理「CIEL ET SOL(シェル エ ソル)」
音羽創 シェフ「ホタテ貝のポアレとキュウリのソース」

どんな魚介にもよく合う色鮮やかなキュウリのソース

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします