1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中華三種のドレッシング/飯田徹也シェフ

 

飯田徹也シェフ

中華風のドレッシングを3種ご紹介しますが、ラー油・山椒油・胡麻油を使って中華風にアレンジします。
ベースはほとんど一緒で、メインの材料を変えることによって味の変化をお楽しみいただけます。

パクチー(香菜)ドレッシング

ミキサーに「生姜」「にんにく」「玉ねぎ」「レモン/皮と種を取ったもの」を入れて、主材料の「パクチー」を加え、さらに「醤油」「酢」「レモン汁」「砂糖」「胡椒」を入れてよく撹拌します。
混ざりましたら「サラダ油」「ラー油」「ごま油」「山椒(ホワジャオ)油」を入れて、再び攪拌すれば、緑の「パクチー・ドレッシング」の出来上がりです。
山椒油は中国の山椒を使ったものを使いましたが、無ければ山椒の粉、それも無ければ入れなくても結構です。

 

材料

パクチー 150g/しょうが 3g/にんにく 6g/玉ねぎ 20g/レモン(皮と種を除く) 1 個/レモン汁 60g/しょうゆ 大さじ3と1/ 3/酢 大さじ3と1/ 3/砂糖 大さじ3弱/こしょう 少々

サラダ油 130ml/こま油 大 さじ2弱/ラー油 大さじ2弱/山椒(ホワジャオ)油 小さじ 1強

人参ドレッシング

ミキサーに「生姜」「にんにく」「玉ねぎ」「レモン」を入れて、主材料の「人参」を加え、さらに「塩」「酢」「レモン汁」「砂糖」「胡椒」を入れてよく撹拌します。
「人参ドレッシング」には色を付けたくないので「醤油」を使わずに「塩」で味付けします。
混ざりましたら「サラダ油」「ラー油」「ごま油」「山椒(ホワジャオ)油」を入れて、再び攪拌すれば、赤い「人参ドレッシング」の出来上がりです。
人参の赤を際立たせるため「ラー油」は多めに入れます。

 

材料

にんじん 200g/玉ねぎ 20g/にんにく 6g/しょうが 3g/レモン(皮と種を除く) 1個/レモン汁 60g/酢 大さじ3と1/ 3/塩 小さじ1
砂糖 大さじ3弱/こしょう 少々ラー油 大さじ2と1/ 2/サラダ油 130ml/こま油 大さじ2弱/山椒(ホワジャオ)油 小さじ 1強

セロリ・ドレッシング

ミキサーに「生姜」「にんにく」「玉ねぎ」「レモン」を入れて、主材料の「セロリ」を加え、さらに「塩」「酢」「レモン汁」「砂糖」「胡椒」を入れてよく撹拌します。
「セロリドレッシング」にも色を付けたくないので「醤油」を使わずに「塩」で味付けします。
混ざりましたら「サラダ油」「ラー油」「ごま油」「山椒(ホワジャオ)油」を入れて、再び軽く攪拌すれば、白色の「セロリ・ドレッシング」の出来上がりです。
こちらは白色を強調したいのでラー油を少なめに山椒油を多めに加えます。

 

材料

セロリ 200g/玉ねぎ 20g/にんにく 6g/しょうが 3g/レモン(皮と種を除く) 1個/レモン汁 60g/酢 大さじ3と1/ 3/塩 小さじ1
砂糖 大さじ3弱/こしょう 少々ラー油 大さじ1弱/サラダ油 130ml/こま油 大さじ2弱/山椒(ホワジャオ)油 小さじ 1強

三種とも先に油類を入れないのは、攪拌した際に油が乳化してドレッシングが固くなってしまうのを防ぐためです。

サラダの楽しみが広がる、野菜を丸ごと使った〈中華三種のドレッシング〉完成です。

 

中国料理「よだれ鶏」
飯田徹也 シェフ「中華三種のドレッシング」