1. クレソンを添えて

  2. フレンチで春野菜

  3. 春中華

  4. 野﨑洋光続 熱燗の肴

  5. 白菜使い

  6. 古賀純二のソース

  7. 基本の出汁野﨑洋光

  8. 雑煮 三題

  9. 江戸のおせち壱山﨑美香

  10. 江戸のおせち弐山﨑美香

  11. 濱崎泰輔マンマのトマトソース

  12. 髙橋雄二郎のソース

  1. 鴻雁北 蕨編

  2. 雀始巣 浅葱編

  3. 土脈潤起 鱵編

  4. 桃始笑 独活編

  5. 東風凍解 小松菜編

  6. 款冬華 カリフラワー編

  7. 芹乃栄 白子編

  8. 鱖魚群 青梗菜編

  9. 閉塞冬成 ローズマリー編

  10. 金盞香 水菜編

  11. 楓蔦黄 キャベツ編

  12. 水始涸 舞茸編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を防ぐ

霜降の末候_「楓蔦黄/もみじつたきなり」この時候に「キャベツ」をいただきます。

楓蔦黄_11月3日から11月7日

楓蔦黄_紅葉といえば楓のことですが、手のような形の楓の葉がそろそろ黄色く色付いてくる頃です。

冬隣で冬の到来を肌で感じ始める頃です。
秋の寒さを表現する言葉には〈秋寒〉〈そぞろ寒〉〈肌寒〉〈うそ寒〉〈夜寒〉〈漸(やや)寒〉など様々な表現があります。

寒さが本格的になると日常用語の「凄まじ」と同じ音で〈冷(すさ)まじ〉となり、これは晩秋の季語となります。
同じく晩秋の季語で、寒さが身に沁む頃を〈身に入(し)む〉と字を当てます。

寒さが身に入ってくる頃、内側から身体を温かくしてくれる鍋の出番となります。

 キャベツ_便秘の予防・改善に

アブラナ科。原産地は南ヨーロッパで野生のものは結球しないが、ヨーロッパで結球タイプに改良された。日本では江戸時代末にオランダから長崎に入り、明治の初めに北海道や東北で栽培されるようになった。

【選び方】緑の色が濃く、大きさの割に重みのあるものを、半分にカットしているものは巻きのしっかりしたもの。

【旬の時期】一年中出回るが、冬キャベツは1月から2月、春キャベツ〈新キャベツ〉は3月から5月が旬。

【保存の方法】芯をくり抜いて、濡れたキッチンペーパーを詰め、ポリ袋に包んで冷蔵庫で保存すると鮮度が長持ちする。

【産地】茨城県、徳島県、埼玉県、愛知県など。

【栄養】キャベツならではの特別な成分にビタミンUがあり、タンパク質を合成する作用を持つアミノ酸類の一種で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防、傷ついた粘液や肝臓の機能回復に効果があるとされる。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

料理のレシピは、田村亮介シェフ「夏野菜の回鍋肉」、山﨑美香料理長「キャベツと鶏ひき肉の新生姜スープ」、古賀純二シェフ「野菜のテリーヌ」、音羽創シェフ「ポトフ」、髙橋雄二郎シェフ「豚バラ肉の発酵キャベツ煮込み」などを参考にしてください。