1. フレンチのベース

  2. 和いろはのい

  3. イタリア料理マンマの味 ⅲ

  4. イタリア料理マンマの味ⅱ

  5. イタリア料理マンマの味 ⅰ

  6. フレンチのデセール

  7. イタリアン ドルチェ

  8. 和の甘味

  9. 中華の甜品

  10. ベトナムのチェー

  11. 肉をローストする

  12. 温かフレンチ

  1. ベトナムコーヒーについて

  2. 桃初笑の旬菜 朝鮮アザミ編

  3. 東風解凍の旬菜 蕗の薹編

  4. 乃東生ずの旬菜 柚子編

  5. 金盞香の旬菜 鱈編

  6. 地始凍るの旬菜 菠薐草編

  7. 楓蔦黄むの旬菜_牡蠣編

  8. 霎時施すの旬菜_林檎編

  9. 蟋蟀戸に在りの旬菜 薩摩芋編

  10. 菊花開くの旬菜 銀杏編

  11. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  12. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

西沢健三

オリーブオイルについて

オリーブオイルについて

イタリアの中でもトスカーナは、高級で香り高い上質な「オリーブオイル」がたくさん生産されています。
イタリアでは『油=オリーブオイル』です。
生活習慣病の改善に役立つポリフェノールやオレイン酸をたっぷり含んだトスカーナのオリーブオイルは、体にとても良いものです。日本でももっともっと普及すれば良いなと思っています。

オリーブオイルの使い方

「オリーブオイル」は、値段の高価なものからリーズナブルなものまで、日本でも幅広く揃っていると思います。
リーズナブルなものは、肉をソテーしたり、ちょっとした揚げ物料理などでブレンドしたりして、加熱用の料理に使うとよろしいと思います。
良質なものは、生食用にサラダやトマトにかけたり、醤油と相性が良いので冷奴にかけても、おしゃれで味のテイストも広がりますし体にも良いので、使い分けるようにしてください。

オリーブオイルの保存方法

「オリーブオイル」はよく酸化してしまうという声を聞きますが、台所にありますと温度差によってどうしても劣化してしまいます。
良いオリーブオイルほど1度開けたら早めに使い切るということが大切です。
早く使いきれない場合は、涼しい場所や冷蔵庫で保存することが、良好な状態をキープするのに一番良い方法です。
冷蔵庫で保存しますと濁って固まりますが、常温で戻せばすぐに元の状態に戻ります。
「オリーブオイル」は、オリーブの果肉から絞ったジュースのようなのもです。
体に良い「オリーブオイルのジュース」を「油」とは思わずに、どんどん摂っていただきたいと思います。
ジャンルを問わず色々な料理に応用が効くと思いますので、ぜひ「オリーブオイル」を使ってみてください。

PANE

トスカーナパン

本日はテンダロッサでお出ししている「トスカーナパン」をご紹介します。
「トスカーナパン」の特徴は、塩、砂糖、オイルなど一切入っていない、「水」と「イースト」「粉」だけで作るシンプルなパンです。
シンプルなパンだからこそ、トスカーナ料理やどんなお料理にも合いますので、ぜひご家庭でもお試しください。

イタリア料理「ラ・テンダロッサ」
西沢健三 料理長「トスカーナパン」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

CROSTINI

クロスティーニ3種

「クロスティーニ」は、トーストまたはグリルしたパンの上に、具材をのせて手で食べるものです。
イタリア・フィレンツェで伝統的なフェガティーニ(レバーペースト)など、3種のクロスティーニをご紹介します。

イタリア料理「ラ・テンダロッサ」
西沢健三 料理長「クリスティーニ3種」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

PIZZAFRITTA

ピッツァフリッタ

「ピッツァフリッタ」はイタリア・ナポリで食べられる揚げピザです。
中に入れる具は無限にありますが、一番ベーシックなリコッタチーズを入れたものをご紹介します。

イタリア料理「ラ・テンダロッサ」
西沢健三 料理長「ピッツァフリッタ」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします