1. カレー彩彩

  2. デュクセルを使った一品古賀純二

  3. 丸鷄をさばく飯田徹也

  4. 大根丸々1本使い切る野﨑洋光

  5. ベトナム料理お米の加工品鈴木珠美

  6. 素材の目利き山下敦司

  7. 新店舗応援特集 ⅲ

  8. 新店舗応援特集 ⅱ

  9. 新店舗応援特集 ⅰ

  10. フレンチのベース

  11. 和いろはのい

  12. イタリア料理マンマの味 ⅲ

  1. 生クリームについて

  2. ベトナムコーヒーについて

  3. 桃初笑の旬菜 朝鮮アザミ編

  4. 東風解凍の旬菜 蕗の薹編

  5. 乃東生ずの旬菜 柚子編

  6. 金盞香の旬菜 鱈編

  7. 地始凍るの旬菜 菠薐草編

  8. 楓蔦黄むの旬菜_牡蠣編

  9. 霎時施すの旬菜_林檎編

  10. 蟋蟀戸に在りの旬菜 薩摩芋編

  11. 菊花開くの旬菜 銀杏編

  12. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

土鍋

鍋料理専門店の女将さん直伝

〈土鍋の使い方〉

土鍋は一度熱が入ると、なかなか下がらないという利点があります。
金物の鍋は、どうしても煮立てた時に金気の匂いがありますので、お魚の鍋などは土鍋をお薦めします。
購入したばかりの新しい土鍋の場合は、まずよく洗い、ちゃんと乾燥するまで、一晩置くなりして必ず乾かしてください。
それから、土鍋の外側を濡らさないように、一度ご飯を炊いてください。
土鍋は陶器ですので細かいヒビが入っていますが、ご飯を炊いておきますと、これ以上大きなヒビが入りません。


新しい鍋をすぐ使ってしまいますと、大きなひび割れが入ってしまい、持ちが悪くなってしまいます。
土鍋は大事に使いますと5年でも10年でも使うことができますので、最初にご飯を炊いてみてください。
それから〝お鍋料理〟や〝雑炊〟を作るのにお使いください。
お鍋料理の際のポイントは、必ず乾いた土鍋に御汁を入れて料理することです。
土鍋が濡れている状態で使いますのが、土鍋が割れる一番大きな原因ですので、ご注意ください。

動画

山﨑美香料理塾「土鍋の使い方」

レシピ例 壱

日本料理「山さき」
山﨑美香 料理長「ねぎま鍋」

江戸の伝統を美味しく楽しむ秘訣は「鍋奉行」!▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

日本料理「山さき」
山﨑美香 料理長「キャベツと鶏ひき肉の生姜スープ」

キャベツの甘みとしょうがの辛みが後ひく美味しさ ▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

レシピ例 弐

日本料理「山さき」
山﨑美香 料理長「千びきご飯」

お魚が千匹?枝豆の食感とじゃこのうま味でおかわり必至▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

日本料理「山さき」
山﨑美香 料理長「春の筍鍋」

春の香りをシンプルに。〆の雑炊まで絶品▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

レシピ例 参

中華料理「ローズ上海」
小薇 シェフ「四喜火鍋/スーシーホーコー」

薄焼き卵を皮にしたぎょうざなど、独特な具をお楽しみください▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします