1. 江戸前の肴山﨑美香

  2. タルタルソース添え

  3. マヨネーズの一皿

  4. 慈華の肉料理

  5. プロのお椀

  6. 野菜が主役フレンチ編

  7. 中華の魚介

  8. マンマの煮込

  9. ベトナミーズ鈴木珠美

  10. デザート彩彩

  11. フルーツデザートフレンチ編

  12. 韓国の食卓ジョンキョンファ

  1. 上海風大根のお漬け物

  2. マヨネーズの作り方

  3. 中華三種のドレッシング

  4. 寒蝉鳴 エリンギ編

  5. 大雨時行 人参編

  6. 鷹乃学習 香菜編

  7. 半夏生 ギアラ編

  8. 梅子黄 レモングラス編

  9. 麦秋至 アボカド編

  10. 鶏肉編

  11. 包丁の選びかた扱いかたについて

  12. 虹始見 鯛編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

血管の老化を防ぐ

夏至の末候_「半夏生/はんげしょう」この時候に「ギアラ/牛の第4胃」をいただきます。

半夏生_7月1日から7月6日

半夏生_農事の節目、田植えを終わらせる時期です。
香川ではこの農作の大事な節目(7月2日頃)に、田植えを手伝ってくれた人々に、お礼として「うどん」を振る舞ったそうです。
それで7月2日は全国的に「うどんの日」となりました。
また関西では、この日にタコを食べて豊穣を願い、夏に向けての栄養を摂る風習があったので「タコの日」でもあるそうです。

半夏生に栄養たっぷりの「ギアラ/牛の第4の胃」をいただきます。

ギアラ(牛の第4胃)_貧血予防や抗酸化作用

ギアラは、牛の第4の胃。終戦後の米軍基地の労働者の報酬として支払われ、この「ギャランティ」 (Guarantee)がギアラと呼ばれるようになったとされる。牛には「複胃」の第1から第4まで4つの胃があり、第1から第3の胃は植物の繊維を分解する役割で、第4の胃は人間の胃と同じ働きをする。

【使い方】煮込み料理によく使われる。

【栄養】糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つビタミンB1、細胞の新陳代謝を促進するビタミンB2、脳神経を正常に働かせるナイアシンやビタミンB6、動脈硬化を予防しストレスをやわらげるパントテン酸そして、貧血を予防する葉酸を含み。抗酸化作用のあるビタミンEを含むため活性酸素の発生を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高める。また、カリウムも含むため疲労回復や利尿作用、高血圧予防に役立つ。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

料理事例のレシピは、西沢健三シェフの「ランプレドットなどをご参考ください。