1. 浅見健二夏の一皿

  2. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  3. ジョンキョンファ夏の一皿

  4. 小薇梅雨の薬膳

  5. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  6. 鈴木珠美の春の一皿

  7. 山﨑美香の春の一皿

  8. 桜海老が食べたい

  9. 野﨑洋光一汁三菜の四

  10. 野﨑洋光一汁三菜の参

  11. 野﨑洋光一汁三菜の弐

  12. 野﨑洋光一汁三菜の壱

  1. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  2. 腐草蛍為 鰹節編

  3. 麦秋至 烏賊編

  4. 竹笋生 長芋編

  5. 蛙始鳴 帆立編

  6. 虹始見 芹編

  7. 雷乃声発 菜の花編

  8. 雀始巣 桜海老編

  9. 草木萌動 椎茸編

  10. 土脈潤起 蒟蒻編

  11. 鶏始乳す 馬鈴薯編

  12. だしの取り方

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

老化を抑制

大雪の初候_「閉塞冬成/そらさむくふゆとなる」この時候に「慈姑/くわい」をいただきます。

閉塞冬成_12月7日から12月11日

閉塞冬成_天地の陽気が塞がれて、冬が本格的に訪れる頃です。
重い雲に覆われた空の下、生き物はじっと息をひそめています。
大雪の次候は〝熊穴蟄/くまあなにこもる〟
熊が長い冬眠の準備に勤しんでいます。

慈姑/くわい_血圧を安定させ、利尿作用が高まる

オモダカ科。水生植物の球状の茎で、原産地は中国。日本には早くから渡来し平安時代初期にはすでに栽培されていた。勢いよく芽が出ることから〝芽出(めで)たい〟縁起物としておせちなどに使われる。1本の根から12個も生まれることで〝慈しみ深い姑〟という意味で慈姑という字が当てられた。

【選び方】皮の青い部分に光沢があり、張りがあって、芽がスッと伸びていて軸がしっかりしているもの。

【旬の時期】12月から1月が旬。

【産地】広島県や埼玉県。広島県の「福山くわい」大阪府の「吹田くわい」が有名。

【保存方法】水につけた状態で冷蔵庫へ入れるか、新聞紙で包みポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

【栄養】主成分は炭水化物(糖質)だが良質なタンパク質を多く含み、カリウムを多く含み過剰なナトリウムの排泄を促して血圧を安定させる。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

料理事例のレシピは、山﨑美香料理長「江戸のおせち くわいなどをご参考ください。