1. 熱燗が旨い肴髙橋有希編

  2. 熱燗が旨い肴浅見健二編

  3. 熱燗が旨い肴野﨑洋光編

  4. 熱燗が旨い肴山﨑美香編

  5. マンマの料理肉料理編濱崎泰輔

  6. ベトナムの野菜料理鈴木珠美

  7. 和食の定番玉子焼き

  8. フレンチの卵料理

  9. 髙橋有希の野菜彩々

  10. 秋元さくらの魚料理

  11. ベトナムのスープと麺鈴木珠美

  12. 中華のスープ田村亮介

  1. 橘始黄む 落花生編

  2. 虹蔵不見 百合根編

  3. 金盞香し マッシュルーム編

  4. 山茶始開 春菊編

  5. 楓蔦黄なり 蓬編

  6. 蟋蟀在戸 生姜編

  7. 霜始降る 浅蜊編

  8. 鴻雁来る 茄子編

  9. 水始涸る セロリ編

  10. 雷乃収声 韮編

  11. 玄鳥去 ブロッコリー編

  12. 草露白し 牛蒡編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

邪気払いや雑炊の薬味に

霜降の末候_「楓蔦黄なり/もみじつたきなり」この時候に「蓬/よもぎ」をいただきます。

楓蔦黄なり_11月2日から11月6日

楓蔦黄なり_楓/が紅葉が赤く染まり、蔦が黄色になって山を粧う頃です。昼夜の寒暖の差が激しい時期に紅葉の赤は一層際立ちます。銀杏の葉が落ちて黄色の絨毯を敷き始めるのも楽しみです。

春の山菜ですが、血行促進、貧血予防、骨粗しょう症に効果のある「蓬/よもぎ」を取りあげます。

蓬_ビタミン、ミネラル、食物繊維の宝庫

キク科の多年草 土手や畔に自生する。緑色が濃い若葉は特有の芳香があり、また色が飛びにくく天然の色素としても使いやすい山菜。邪気を払うとも伝えられ、ひな祭りやハレの日の草餅に用いられてきた。

【選び方】緑色が濃いものはアクが強く、舌触りが悪く感じることも。

【旬の時期】食用とするのは若い芽で、それが採れる美味しい時期は3月から5月頃まで。

【保存方法】冷蔵庫の野菜室でも1日から2日は持つが、長く楽しむのであれば茹でたものをペースト状にして冷凍保存する。

【栄養】ビタミン類やカリウム、カルシウム、鉄分、タンパク質、食物繊維などの栄養成分を含むため、世界中で古くから薬用として珍重されてきた。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

 

料理事例のレシピは、髙橋有希料理長の料理塾「よもぎ胡麻豆腐などをご参考ください。