1. 小薇梅雨の薬膳

  2. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  3. 鈴木珠美の春の一皿

  4. 山﨑美香の春の一皿

  5. 桜海老が食べたい

  6. 野﨑洋光一汁三菜の四

  7. 野﨑洋光一汁三菜の参

  8. 野﨑洋光一汁三菜の弐

  9. 野﨑洋光一汁三菜の壱

  10. 冬に食べたい汁のもの髙橋有希編

  11. 山下敦司のパーティ皿

  12. 秋元さくらのパーティ皿

  1. 竹笋生 長芋編

  2. 蛙始鳴 帆立編

  3. 虹始見 芹編

  4. 雷乃声発 菜の花編

  5. 雀始巣 桜海老編

  6. 草木萌動 椎茸編

  7. 土脈潤起 蒟蒻編

  8. 鶏始乳す 馬鈴薯編

  9. だしの取り方

  10. 芹乃栄 大根編

  11. 鱖魚群 ズッキーニ編

  12. 閉塞冬成 慈姑編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

大根と油揚げと若布の味噌汁

野﨑洋光料理長

鶏白いご飯に味噌汁は付き物で、これは決まり事です。
一方、味付きご飯に付くのは、お吸い物になります。
味噌は旨味の元ですので、そんなに出汁を効かせなくても大丈夫です。
今回は煮干しで旨味を加えます。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「大根と油揚げと若布の味噌汁」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

主菜

鶏のくわ焼き

「くわ焼き」はすき焼きに対抗して簡単に作れる料理として生まれました。
ではなぜ秋の料理なのかというと、字を見ていただくとわかりますように、鍬は金編に秋と書くからです。
すき焼きの〝すき〟は鋤の字を当て、こちらも鍬同様農機具をイメージして作られた料理です。
すき焼きの仰々しさがなく、簡単に美味しく作れる「くわ焼き」を覚えてください。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「鶏のくわ焼き」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

副菜

ふろふき大根

大根を煮るときには、かつおダシを使いません。
せいぜい水の中に昆布を入れて少し下味をつけるだけで、味噌が出汁になります。
味噌で大根の旨味を食べると思ってください。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「ふろふき大根」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

副菜

きのこのホイル焼き

きのこは、60℃の手前の低温のままじっくりと火を入れると美味しさが出てきます。
ですから、強い火を入れるのではなく、ホイルなどに包んで蒸らす、蒸し焼きにするために旨味が倍増するという調理方法です。
手間を感じられるかもしれませんが、「きのこ」ひとつひとつの味わいを感じられる料理になりますので楽しんでいただければと思います。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「きのこのホイル焼き」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします