1. 山本誠冬の一皿

  2. 山下敦司初冬の一皿

  3. 髙橋雄二郎秋の一皿

  4. 西沢健三秋の一皿

  5. 音羽創秋の一皿

  6. 飯田徹也初秋の一皿

  7. 田村亮介夏の一皿

  8. 濱崎泰輔夏の一皿

  9. 古賀純二夏の一皿

  10. 浅見健二夏の一皿

  11. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  12. ジョンキョンファ夏の一皿

  1. 金盞香 ルッコラ編

  2. 山茶始開 鬱金編

  3. 蟋蟀戸在 蕪編

  4. 鴻雁来 パセリ編

  5. 雷乃声収 グリンピース編

  6. 禾乃登 ピーマン編

  7. 寒蟬鳴 オクラ編

  8. 大雨時行 大蒜編

  9. 鷹乃学習 雲丹編

  10. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  11. 腐草蛍為 鰹節編

  12. 麦秋至 烏賊編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

大根と油揚げと若布の味噌汁

野﨑洋光料理長

鶏白いご飯に味噌汁は付き物で、これは決まり事です。
一方、味付きご飯に付くのは、お吸い物になります。
味噌は旨味の元ですので、そんなに出汁を効かせなくても大丈夫です。
今回は煮干しで旨味を加えます。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「大根と油揚げと若布の味噌汁」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

主菜

鶏のくわ焼き

「くわ焼き」はすき焼きに対抗して簡単に作れる料理として生まれました。
ではなぜ秋の料理なのかというと、字を見ていただくとわかりますように、鍬は金編に秋と書くからです。
すき焼きの〝すき〟は鋤の字を当て、こちらも鍬同様農機具をイメージして作られた料理です。
すき焼きの仰々しさがなく、簡単に美味しく作れる「くわ焼き」を覚えてください。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「鶏のくわ焼き」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

副菜

ふろふき大根

大根を煮るときには、かつおダシを使いません。
せいぜい水の中に昆布を入れて少し下味をつけるだけで、味噌が出汁になります。
味噌で大根の旨味を食べると思ってください。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「ふろふき大根」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

副菜

きのこのホイル焼き

きのこは、60℃の手前の低温のままじっくりと火を入れると美味しさが出てきます。
ですから、強い火を入れるのではなく、ホイルなどに包んで蒸らす、蒸し焼きにするために旨味が倍増するという調理方法です。
手間を感じられるかもしれませんが、「きのこ」ひとつひとつの味わいを感じられる料理になりますので楽しんでいただければと思います。

日本料理「分とく山」
野﨑洋光 料理長「きのこのホイル焼き」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします