1. とうもろこしについて

  2. 梅酒の梅の使い方

  3. 中国茶の淹れ方

  4. 卵かけご飯

  5. 合わせ薬味

  6. 白米を炊く

  7. 複合の味

  8. 中国茶

  9. 美味しいおにぎりの作り方

  1. 蓮始開の旬菜 獅子唐芥子編

  2. 小暑の旬菜 カレイ編

  3. 温風至の旬菜 みょうが編

  4. 半夏生の旬菜 蛸編

  5. 夏至の旬菜 きゅうり編

  6. 芒種の旬菜 ゴーヤ編

  7. 二十四節気

  8. ベトナムスーパーでのおすすめの買い物

  9. 小満のお献立 トマト編

  10. 小満のお献立 お魚編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

シャキシャキと夏バテ予防

小暑の初候「温風至/あつかぜいたる」_夏本番の暑さ到来にそなえて「茗荷/みょうが」をいただきます

茗荷/みょうが_食用にするのは日本だけ

ショウガ科の多年草で、中国原産。『魏志倭人伝』にも登場するほど歴史は古いが、食用にするのは世界中でも日本だけと云われるが、日本料理とは相性が良い。漢方では生薬として「消炎」や「解毒」の作用があるとされ「煎じ薬」などとして使われる。ほのかな苦味があり、シャキシャキとした歯ざわりは、やみつきになる魅力がある。アントシアニン色素を持つので、甘酢に漬けると発色して薄紅色となる。

 

【選び方】身がしまっていて艶があり、ずんぐりとして厚みのあるものが良く、先端が開いているものは、中がスカスカで繊維も硬い

【旬の時期】小ぶりの夏茗荷が6月から8月、大きめで色、香り、味が良い秋茗荷が8月から10月に出回る

【産地】北海度以南、沖縄まで自生するが、現在では栽培物がほとんど

【栄養】ビタミンE、カリウム、マンガンなどを含み、香りのもとのα-ピネンは胃の消化を助け食欲増進によい

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

日本料理「源氏山」
髙橋有希 料理長「みょうがの甘酢漬け」

夏に色鮮やかな甘酢風味の「みょうが」をいただく

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

日本料理「山さき」
山﨑美香 料理長「夏野菜の甘酢漬け」

梅干しと新生姜の爽やかな香り  たっぷり作って常備菜に

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします