1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

血液をサラサラに

夏至の次候_「菖蒲華/あやめはなさく」この時候に「鮎魚女/あいなめ」をいただきます。

菖蒲華_6月26日から6月30日

菖蒲華_文字通り菖蒲が咲く頃で、この頃になると本格的な梅雨到来と言われますが、令和四年は6月27日に早々と「梅雨明け宣言」がなされました。

6月の晦日には、神社で半年の穢れを落とす祓えの行事『夏越の祓え』が行なわれます。
神社の境内には6月18日から7月3日頃までの期間「茅の輪」が設置され、参詣者は穢れを払い清めるために「茅の輪くぐり」をします。
茅の輪くぐりは「スサノオノミコトの神話/茅の輪伝説」にちなむものです。

鮎魚女_豊富なビタミンDで骨粗鬆症を予防する

アイナメ科で、全長30cmほどの方錐形。日本各地の沿岸の岩礁に棲み、体の色は墓所によって変わるため、黄色から紫褐色と多彩。ザラザラとしたこまかい鱗が落ち鮎に似ており、鮎のように縄張りも持つため〝あゆ並み〟から「鮎並/あいなめ」に、体表が油を塗ったようになめらかなので、関西では「油女/あぶらめ」と呼ばれる。

【選び方】目が澄んでいてえらが赤いものを、体調30cmくらいのものを選ぶ。

【旬の時期】秋の産卵を前に、脂ののった夏が旬。

【主な生産地】茨城県、福島県、岡山県など

【栄養】カルシウム、ビタミンB群やDが豊富で、脂肪が多いのでDHAやEPAも含む。

 

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

料理事例のレシピは、浅見健二料理長「あぶらめのお椀」、西沢健三シェフ「カチュッコ・アラ・リヴォルネーゼなどをご参考ください。