1. 鶏ももパリパリ

  2. 髙橋有希睦月の和食

  3. 山﨑美香冬至に豆腐

  4. 藪崎友宏冬の薬膳

  5. 山本誠冬の一皿

  6. 山下敦司初冬の一皿

  7. 髙橋雄二郎秋の一皿

  8. 西沢健三秋の一皿

  9. 音羽創秋の一皿

  10. 飯田徹也初秋の一皿

  11. 田村亮介夏の一皿

  12. 濱崎泰輔夏の一皿

  1. 雉始雊 小豆編

  2. 雪下麦出 葱編

  3. 鱖魚群 豆腐編

  4. 橘始黄 豆乳編

  5. 金盞香 ルッコラ編

  6. 山茶始開 鬱金編

  7. 蟋蟀戸在 蕪編

  8. 鴻雁来 パセリ編

  9. 雷乃声収 グリンピース編

  10. 禾乃登 ピーマン編

  11. 寒蟬鳴 オクラ編

  12. 大雨時行 大蒜編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

古代からの栄養食

小寒の末候_「雉始雊/きじはじめてなく」この時候に「小豆/あずき」をいただきます。

雉始雊_1月15日から1月19日

雉始雊_雄のキジが求愛の音で鳴き始める頃です。

1月の15日は「小正月」です。旧暦では、新年で初めて満月を迎える日になり、本来この日までを「松の内」と言いました。
小正月には、〝小豆粥〟をいただきます。冬至にも同じく小豆粥をいただきますが、冬至の小豆粥が小豆と米だけなのに対し、小正月の小豆粥には餅が入ります。
平安時代の宮中では、小正月に〝米、小豆、粟(あわ)、ごま、黍(きび)、稗(ひえ)、ムツオレグサ〟の七種粥を食べたそうですので、これが形を変えて小豆粥として伝わったのでしょうか。

小豆_コレステロールの上昇抑制に

マメ科、原産地は日本を含む極東アジア。中国、日本、朝鮮半島では赤い色に霊力があり、薬効があるとして重要視された。中でも日本では、年中行事や祝いごとに「小豆粥」や「おはぎ」「赤飯」を食べるなどして特別に大切にしてきた。

【選び方】なるべく新しいものを選び、粒が揃って、赤色が濃くてシワがなく光沢のあるものが良品

【旬の時期】新豆が出回るのは11月から一月頃。

【産地】北海道が9割を占め、兵庫県、京都府なども。「十勝小豆」は普通小豆のブランドで、他に兵庫県の「丹波大納言」、石川県の「能登大納言」も名高い。

【保存の方法】湿気を嫌うため、紙袋に入れて風通しの良い場所に保存。食べ切れない時はあんこに煮て冷凍保存する。

【栄養】35%がタンパク質で、必須アミノ酸、ビタミンB1、カリウム、鉄をバランスよく含む。また、外皮に含まれるサボニンは利尿を促したり、血液中コレステロールを排出して血液を浄化する作用がある。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

料理事例のレシピは、浅見健二料理長「蓮根のいとこ煮」髙橋有希料理長「南瓜のいとこ煮などをご参考ください。