1. 鶏ももパリパリ

  2. 髙橋有希睦月の和食

  3. 山﨑美香冬至に豆腐

  4. 藪崎友宏冬の薬膳

  5. 山本誠冬の一皿

  6. 山下敦司初冬の一皿

  7. 髙橋雄二郎秋の一皿

  8. 西沢健三秋の一皿

  9. 音羽創秋の一皿

  10. 飯田徹也初秋の一皿

  11. 田村亮介夏の一皿

  12. 濱崎泰輔夏の一皿

  1. 雉始雊 小豆編

  2. 雪下麦出 葱編

  3. 鱖魚群 豆腐編

  4. 橘始黄 豆乳編

  5. 金盞香 ルッコラ編

  6. 山茶始開 鬱金編

  7. 蟋蟀戸在 蕪編

  8. 鴻雁来 パセリ編

  9. 雷乃声収 グリンピース編

  10. 禾乃登 ピーマン編

  11. 寒蟬鳴 オクラ編

  12. 大雨時行 大蒜編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

回鍋肉

夏野菜の回鍋肉

「夏野菜」をたっぷりと使いながら、甜麺醤(てんめんじゃん)と豆板醤(とうばんじゃん)を使わない、夏らしくさっぱりとした塩味の「回鍋肉」をご紹介します。
豆板醤の代わりに爽やかな辛味の青唐辛子を使います。
夏バテ対策に、塩味のあっさり「回鍋肉」です。

中華料理「慈華」
田村亮介 シェフ「夏野菜の回鍋肉」

▼画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

 

棒棒鶏

棒棒鶏(バンバンジー)の冷やし中華

漢字で〝棒〟〝棒〟〝鶏〟と書きますが、むかし中国では、硬い肉を棒で叩いて繊維を壊して柔らかくして食べていたという、いわれがあります。
「鶏むね肉」は、茹でるとパサつくといわれますが、それは脂身がなくスジがないので、急激に加熱をすると固まってしまうからです。
本日は「鶏むね肉」をしっとりと柔く仕上げるポイントをご紹介しながら「棒棒鶏」を作りたいと思います。
「棒棒鶏」に、氷水にしっかりと冷やした麺にゴマダレをかければ、夏の季節にもってこいの〈棒棒鶏の冷やし中華〉の出来上がりです

中華料理「慈華」
田村亮介 シェフ「棒棒鶏と棒棒鶏を使った冷やし中華」

▼画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

 

酸辣湯

卵とトマトの酸辣湯(サンラータン)

最近日本でも「酸辣湯/サンラータン」という料理の名前を耳にすることが多くなりました。
「酸辣湯」は四川料理のスープですが、酸味の〝酸〟、辛味の〝辣〟、スープの〝湯〟で、酸味と辛味が特徴のスープです。
今回は卵とトマトを使った「酸辣湯」をご紹介します。
トマトを加えることで自然な酸味が加わり、おいしさがアップ! 卵でまとめてまろやかな仕上がりです。

中華料理「慈華」
田村亮介 シェフ「卵とトマトの酸辣湯」

▼画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

 

エビチリ

フレッシュトマトのエビチリ

中華料理の人気メニーュ「エビチリ」、通常はケチャップを使いますが、生のトマトを使って、さっぱりと爽やかな味わいに仕上げました。
調味料に甘酒を使うことで天然の甘さと旨みを加え、仕上げに溶き卵でとじて、ふわしったと食感とまろやかさをブラスしました。
エビは加熱しすぎるとかたくなってしまうので、注意してください。

中華料理「慈華」
田村亮介 シェフ「フレッシュトマトのエビチリ」

▼画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします