1. 和の甘味髙橋有希編

  2. サラダSALAD

  3. 肉を煮込むフレンチ編

  4. 江戸前の肴山﨑美香

  5. タルタルソース添え

  6. マヨネーズの一皿

  7. 慈華の肉料理

  8. プロのお椀

  9. 野菜が主役フレンチ編

  10. 中華の魚介

  11. マンマの煮込

  12. ベトナミーズ鈴木珠美

  1. 胡麻豆腐

  2. バターライス

  3. 乳酸発酵について

  4. 上海風大根のお漬け物

  5. マヨネーズの作り方

  6. 中華三種のドレッシング

  7. 寒蝉鳴 エリンギ編

  8. 大雨時行 人参編

  9. 鷹乃学習 香菜編

  10. 半夏生 ギアラ編

  11. 梅子黄 レモングラス編

  12. 麦秋至 アボカド編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中華料理 田村亮介 料理の時候 夏の料理 新着レシピ

卵とトマトの酸辣湯

「慈華」
田村亮介

爽やかな酸味があとをひく四川のスープ

口伝

卵とトマトの酸辣湯(サンラータン)

最近日本でも「酸辣湯/サンラータン」という料理の名前を耳にすることが多くなりました。
「酸辣湯」は四川料理のスープですが、酸味の〝酸〟、辛味の〝辣〟、スープの〝湯〟で、酸味と辛味が特徴のスープです。
本日は卵とトマトを使った「酸辣湯」をご紹介します。

具材の下処理

「トマト」はヘタを取って、煮崩れしないように、くし切りにしたものを更に半分にし少し大きめに切ります。
「オクラ」のヘタを取り、小口に刻みます。
アクセントとして「長ネギ」を輪切りにします。

料理には色合いも大事です。本日は「トマト」の赤、「オクラ」の緑、「卵」の黄色で色鮮やかに仕上げます。

材料に決まりはありませんので、冷蔵庫に残っている野菜で結構ですが、色合いを考えて、なおかつ時季の物を入れると美味しくなります。

スープを作る

鍋に「中華スープ/清湯(チンタン)」を注ぎ、「オクラ」「長ネギ」を入れて加熱しますが、ぐつぐつと煮込まずに沸騰するまでに調味を終えるようにします。
沸騰する前に仕上げた方が「スープ」がクリアーな味になります。
清湯(チンタン)の作り方はこちらをご覧ください。

「トマト」などの具材が煮崩れると味も濁ってしまいますので、沸騰した時には「スープ」が仕上がった状態にします。
また本日の食材「トマト」「オクラ」「長ネギ」は生でも食べられる食材ですので手早く作ることができます。

鍋に「塩」「醤油」、そして辛味の〝辣〟として多めの「胡椒」を入れ、沸騰直前に「トマト」を入れて再度沸騰する直前に火を止めて「水溶き片栗粉」を入れます。

「水溶き片栗粉」は置いておくと片栗粉が沈殿しますので、必ずかき混ぜてから使います。
「水溶き片栗粉」は一気に入れるとダマになりますので、細く糸のように少しずつ入れます。
「水溶き片栗粉」を入れたら火をつけて再加熱してトロミをつけます。

また沸騰してきましたら「溶き卵」を細く入れ、一度だけかき回して、「卵」が浮いてきましたら火を止めて、アクを取り除きます

最後に酸味の〝酸〟として「酢」を加えます。
火をつけている時に「酢」を加えると酸味が飛んでしまいますので、必ず火を止めてから入れるようにします。

軽く混ぜて器に盛り付けましたら〈酸辣湯〉の完成です。

酸辣湯麺

器に茹でた「中華麺」の上に「酸辣湯」をかけるだけで「酸辣湯麺」になりますので、ぜひお試しください。


材料〈2人から3人
前〉

 材料

トマト 中1個/オクラ 3本/長ねぎ 1/2本/卵 1/2個/中華スープ 3カップ/塩 小さじ1/2/しょうゆ 大さじ1と1/2/こしょう 小さじ1/水溶き片くり粉 適量/酢 大さじ3~

中華麺 1玉×人数分

※1中華スープは鶏がら、または豚と鶏のひき肉でとる清湯(チンタン)。有塩の市販品を使う場合は表示よりも薄味にして塩分を調節する。

 

作り方

① トマトはくし切りにし、さらに半分に切る。オクラは5mm、長ねぎは1cmの小口切りにする。
② 鍋に中華スープを入れ、オクラ、長ねぎを加えて強火にかける。
③ ②に塩、しょうゆ、こしょうを入れ、スープが沸騰する直前にトマトを加える。
④ 沸騰したら火を止める。水溶き片くり粉を少しずつ入れ、混ぜたら再び火にかけとろみをつける。
⑤ 沸騰したら溶いた卵を回し入れ軽く混ぜる。
⑥ 火を止めて、酢を加える。軽く混ぜ器に盛り付ける。
⑦ ゆでた中華麺に出来上がった酸辣湯をかければ、酸辣湯麺になる。

酢は酸味が飛んでしまうので、最後の仕上げに加える。


料理塾

関連記事