1. ベトナムのスープと麺鈴木珠美

  2. 中華のスープ田村亮介

  3. 革新フレンチ魚編髙橋雄二郎

  4. マンマの料理魚介編濱崎泰輔

  5. 海老を食すⅢ中華料理

  6. 海老を食すⅡフランス料理

  7. 海老を食すⅠ鈴木珠美

  8. カツが食べたい

  9. 生パスタが食べたい濱崎泰輔

  10. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  11. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  12. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  1. 蟋蟀在戸 生姜編

  2. 霜始降る 浅蜊編

  3. 鴻雁来る 茄子編

  4. 水始涸る セロリ編

  5. 雷乃収声 韮編

  6. 玄鳥去 ブロッコリー編

  7. 草露白し 牛蒡編

  8. 禾乃登る クレソン編

  9. オレキエッテOrecchiette/生パスタ

  10. 綿柎開くの旬菜 バジル編

  11. 涼風至の旬菜 南瓜編

  12. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

豊富なビタミンCでウイルスに対抗

白露の末候_「玄鳥去/つばめさる」この時候に「ブロッコリー」をいただきます。

玄鳥去_9月17日から9月21日

玄鳥去_燕は去って秋を知らせ、鴨は戻って冬の訪れを告げ、燕が再び戻って来た時が冬の終わりとなります。
この頃に咲くのが真っ赤な鶏頭の花です。その鮮やかな赤が、黄ばみ始めた木々の葉の中でより一層華やいで見えます。

この時候にがん予防や認知症、またウィルスに対抗する効果のある「ブロッコリー」をいただきます。

ブロッコリー_がん予防・認知症予防に

アブラナ科 原産地は西地中海で、野生のキャベツを改良したもの。日本へ入ったのは明治初期だが定着せず。1960年代になって普及。栄養価に富むため、健康志向に乗って最近ではカリフラワーよりも人気が高い。口にしたときのホロリとほぐれるような食感に魅力がある。

【選び方】全体に緑色が濃く、花蕾はこんもりと丸く引き締まったものを、切り口がきれいなものが新鮮。

【旬の時期】一年中出回るが旬は11月。

【産地】北海道、愛知県、埼玉県、香川県など。

【保存方法】日が経つと栄養素が失われるので早めに食べる。冷蔵庫に保存する場合は茎を下にして。

【栄養】ビタミンCが豊富でレモンを上回り、βカロテンも豊かで抗酸化作用に優れた栄養価の高い野菜。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

 

料理事例のレシピは、古賀純二シェフの料理塾「クリームシチュー」、野崎洋光料理長「ブロッコリー胡麻汁粉」、田村亮介シェフ「ブロッコリーのカニ肉餡かけ」、秋元さくらシェフ「エビとブロッコリーのアヒージョなどをご参考ください。