1. 熱燗が旨い肴髙橋有希編

  2. 熱燗が旨い肴浅見健二編

  3. 熱燗が旨い肴野﨑洋光編

  4. 熱燗が旨い肴山﨑美香編

  5. マンマの料理肉料理編濱崎泰輔

  6. ベトナムの野菜料理鈴木珠美

  7. 和食の定番玉子焼き

  8. フレンチの卵料理

  9. 髙橋有希の野菜彩々

  10. 秋元さくらの魚料理

  11. ベトナムのスープと麺鈴木珠美

  12. 中華のスープ田村亮介

  1. 橘始黄む 落花生編

  2. 虹蔵不見 百合根編

  3. 金盞香し マッシュルーム編

  4. 山茶始開 春菊編

  5. 楓蔦黄なり 蓬編

  6. 蟋蟀在戸 生姜編

  7. 霜始降る 浅蜊編

  8. 鴻雁来る 茄子編

  9. 水始涸る セロリ編

  10. 雷乃収声 韮編

  11. 玄鳥去 ブロッコリー編

  12. 草露白し 牛蒡編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

牛肉

牛肉のタリアータ

牛肉をレアに火入れしたタリアータは、イタリアでは前菜として食べられる一品です。
フライパンで表面にだけ火を通し、高温のオーブンでサッと火を通します。
しっかりと噛みしめるごとに広がる牛肉の旨味を、口いっぱいに楽しんでください。

濱崎泰輔

イタリア料理「ラ・タルタルギーナ」
濱崎泰輔 料理長「牛肉のタリアータ」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

豚肉

オリヴィアポークのスカロッピーネ

スカロッピーネScaloppineはイタリア全土で食べられている料理で、肉を薄く伸ばして調理するものですが、本日は旬のキノコを挟んだりかけたりして作りたいと思います。
オルヴィアポークは、オリーブを食べて育った健康な国産の豚ですので、皆様にぜひ食べていただきたい肉ですが、スーパーで売っている豚肉でも構いません。
本日はスライスした豚肉をミルフィーユのように重ねて作ります。

イタリア料理「ラ・タルタルギーナ」
濱崎泰輔 料理長「オリヴィアポークのスカロッピーネ」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

鴨肉

鴨のロースト

冬のエネルギーを蓄えた鴨をふくっらジューシーにローストします。
苦みと甘みが強いルッコラのサラダとの相性がとてもよく合います。
ルッコラは無肥料無農薬の有機栽培のものを用意しました。

イタリア料理「ラ・タルタルギーナ」
濱崎泰輔 料理長「鴨のロースト 無肥料無農薬ルッコラのサラダ」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

馬肉

馬肉のカルパッチョ

「馬肉」は〝桜肉〟とも云われますように、一番美味しく食べられる時期が春の桜が満開になる頃、「馬肉」に最も脂が乗っている時期です。
私が修行したイタリア南部のプーリア州は「馬肉」をたくさん食べる地域でして、主に肉を薄く叩きロール状にしてからチーズを巻いて赤ワインやトマトソースで煮込むといった食べ方をしていました。
日本は「馬肉」を生食で食べるという文化ですが、やはり日本の馬肉は〝刺身〟や〝カルパッチョ〟の生食の方が美味しいので本日はカルパッチョを紹介します。

イタリア料理「ラ・タルタルギーナ」
濱崎泰輔 料理長「馬肉のカルパッチョ」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします

うさぎのイスキア風煮込み

骨つきのうさぎ肉を使った、ナポリ湾に浮かぶイスキア島の旨味たっぷりの煮込みです。
フライパンで全体を焼いたらオーブンで仕上げます。
うさぎ肉はかつて日本でも食用とされていましたがイタリアやフランス、ハンガリーなどヨーロッパでは現在も一般的な食材です。
鶏肉に似た味わいと繊細な食感が特徴で、丸鶏で同様に作っても美味しくいただけます。

イタリア料理「ラ・タルタルギーナ」
濱崎泰輔 料理長「うさぎのイスキア風煮込み」

▲画像をクリックすると料理塾のレシピへ移動いたします