1. 豚を茹でる

  2. 鶏ももパリパリ

  3. 髙橋有希睦月の和食

  4. 山﨑美香冬至に豆腐

  5. 藪崎友宏冬の薬膳

  6. 山本誠冬の一皿

  7. 山下敦司初冬の一皿

  8. 髙橋雄二郎秋の一皿

  9. 西沢健三秋の一皿

  10. 音羽創秋の一皿

  11. 飯田徹也初秋の一皿

  12. 田村亮介夏の一皿

  1. 東風凍解 青紫蘇編

  2. 雉始雊 小豆編

  3. 雪下麦出 葱編

  4. 鱖魚群 豆腐編

  5. 橘始黄 豆乳編

  6. 金盞香 ルッコラ編

  7. 山茶始開 鬱金編

  8. 蟋蟀戸在 蕪編

  9. 鴻雁来 パセリ編

  10. 雷乃声収 グリンピース編

  11. 禾乃登 ピーマン編

  12. 寒蟬鳴 オクラ編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

美肌対策に効果

立冬の末候_「金盞香/きんせんこうばし」この時候に「ルッコラ/ロケットサラダ」をいただきます。

金盞香_11月17日から11月21日

金盞香_水仙の花、別名金盞花(キンセンカ)の花の芳しい香りが冷気とともに漂い始める頃です。

ご存知のように、十月は「神無月」ですが全国の神々が集まってくる出雲では「神在月/かみありづき」と呼ばれます。

旧暦の十月十日に、八百万(やおよろず)の神々は、国譲り神話の舞台となった稲佐の浜から出雲大社へと入り、翌11日から17日までの一週間をかけて人生諸般のことを話し合う「神議り(かむはかり)」の神事(かみごと)が行なわれます。その間、神々は本殿の東西にある十九社(じゅうくしゃ)で寝泊まりされます。

人は、神迎神事・神迎祭(2022年は11月3日夕刻)にお迎えし、神在祭(4日から10日)を経て、神等去出祭(10日夕刻)でお見送りをします。

さて、今回神々は来年の日本の行く末に、どのような取り決めをなさったのでしょうか。

ルッコラ_抗菌・抗がん作用の働きあり

アブラナ科のハーブ。「ロケットサラダ」の名称で知られる。舌先にピリッとくる辛味と、ゴマの香ばしい香りが口に心地よく。サラダや付け合わせに人気がある。

【選び方】茎がしっかりして葉の付きと張りが良いものを選ぶ。最近出回る水耕性のルッコラは、柔らかい反面風味はやや弱い。

【保存方法】鮮度が良いものほど香りも新鮮なので、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存。多くとも2日以内を目安に食べること。

【旬の時期】一年を通じて出回るが、露地物は5月中旬から8月中旬頃まで。

【栄養】抗酸化作用に優れるビタミンA(カロテン)・C・E、カルシウムが豊富で、辛味成分のアリルイソチオシアネートに抗菌・抗がんの働きがある。

以上、野﨑洋光『料理上手になる食材の基本/世界文化社』より

料理事例のレシピは、山本誠シェフ「ピアディーナ」濱崎泰輔シェフ「ブラッターチーズのサラダ仕立て」「馬肉のカルパッチョ」秋元さくらシェフ「バスク風オムレツ」「サラダベルトなどをご参考ください。