1. 江戸のおせち壱

  2. 雑煮 三題

  3. 白味噌

  4. カニのさばき方

  5. 鍋特集/煮切り酒

  6. 鍋特集/万能鍋のたれ

  7. 鍋特集/土鍋の使い方

  8. トマトソース

  9. ベシャメルソース

  10. 蓮根/根菜

  11. 秋刀魚

  12. きのこの味覚について

  1. 金盞香の旬菜 鱈編

  2. 地始凍るの旬菜 菠薐草編

  3. 楓蔦黄むの旬菜_牡蠣編

  4. 霎時施すの旬菜_林檎編

  5. 蟋蟀戸に在りの旬菜 薩摩芋編

  6. 菊花開くの旬菜 銀杏編

  7. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  8. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  9. 天地始粛の旬菜 無花果編

  10. 綿柎開くの旬菜 心太編

  11. 蒙霧升降の旬菜 新生姜編

  12. 空蝉鳴の旬菜 じゅん菜編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

日本料理 野﨑洋光 料理の時候 冬の料理 新着レシピ

たらチーズ焼き

「分とく山」
野﨑洋光

タラとチーズの相性抜群!見た目も鮮やかな一品です

口伝

たらチーズ焼き

鱈(たら)は淡白ですので、チーズでコクをつけたお料理です。

たらを焼く

はじめに塩をして、そのあとでコクを加えます。
「たら」は、塩だらではなくて生のたらに塩を振った方が、より美味しく召し上がれます。
「生だら」の両面に塩をして20分置いて、余分な水分や臭みを取ります。
水洗いをして水分を拭き取ってから焼きます。

「胡椒」を振りながら両面を焼きます。

スライスチーズ(溶けるタイプ)を、たらの大きさに合わせて切ってのせて、焼きます。
チーズが溶けてきたところに「卵の黄身」を塗ります。

「黄身」を塗るのは、見栄えを良く美しくするのと、溶けたチーズが流れ落ちないようにするためです
「たら」「チーズ」を焼くのは、オーブン、魚焼きグリル、オーブントースターいずれでも構いません。
「チーズ」が溶けてきましたら、といた「黄身」を「たら」の上の「チーズ」に塗ります。
これを塗っては乾かし、塗っては乾かしを2回から3回繰り返しますと、綺麗なツヤが出ます。


表面を乾かす程度に温めながら「黄身」を塗りますと、透明感のある仕上がりになります。
完全に火が入ってしまうと硬くなってしまいますので、漆を塗るような気持ちで透明感を維持するように温めてください。

美しい黄色は黄金色ですから、縁起を担いで日本食ではよく使います。
また、季節によって「黄金焼き」「菜種焼き」「山吹焼き」のように、その名前を変えます。
今回はチーズ焼きですが「黄金焼き」とも呼べます。
おめでたい、お正月料理にも使うことができます

淡白なたらと、コクのあるチーズを合わせて焼きました〈たらチーズ焼き〉別名〈たら黄金焼き〉でございます。

 

材料〈2人前〉

材料

生たら 50g×4切れ/塩  適量/こしょう  少々/スライスチーズ(溶けるタイプ)  2枚/卵黄  2個分

作り方

① たらに塩を振って10~20分おく。水洗いして水気をペーパータオルで押さえ、こしょうを振る。
② スライスチーズはたらの形に合わせて半分に切る。
③ ①のたらを焼き網または魚焼きグリルで両面焼き、②のチーズを乗せてさっと溶かす。
④ たらが熱いうちに溶きほぐした卵黄を刷毛で塗り、卵黄が自然に乾いたら再度卵黄を塗り、これをもう一度繰り返して照りを出す。

◆たらに中まで味を入れるために、塩を振ったらしばらくおく。
卵黄には予熱で火が通る。

料理塾

関連記事