1. 浅見健二夏の一皿

  2. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  3. ジョンキョンファ夏の一皿

  4. 小薇梅雨の薬膳

  5. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  6. 鈴木珠美の春の一皿

  7. 山﨑美香の春の一皿

  8. 桜海老が食べたい

  9. 野﨑洋光一汁三菜の四

  10. 野﨑洋光一汁三菜の参

  11. 野﨑洋光一汁三菜の弐

  12. 野﨑洋光一汁三菜の壱

  1. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  2. 腐草蛍為 鰹節編

  3. 麦秋至 烏賊編

  4. 竹笋生 長芋編

  5. 蛙始鳴 帆立編

  6. 虹始見 芹編

  7. 雷乃声発 菜の花編

  8. 雀始巣 桜海老編

  9. 草木萌動 椎茸編

  10. 土脈潤起 蒟蒻編

  11. 鶏始乳す 馬鈴薯編

  12. だしの取り方

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

日本料理 野﨑洋光 通年料理 新着レシピ

くずし奴

「分とく山」
野﨑洋光

いつものお豆腐をくずすだけ。
合わせ薬味といただく絶品〈くずし奴〉

口伝

豆腐は包丁で切ると味がしない

本来は包丁で豆腐を四角に切った切った形のことを俗名で「」と呼びます。

実は豆腐というのは包丁できると味がしないんです。

手で「くずす」ことによって、豆腐の旨みが舌にしみる面積が増えて美味しくなります。

それはどうしてかというと、私たちの舌は平ではなくデコボコしていますから、豆腐の旨みが舌とうまく組み合うことで美味しくなるのです。

「けんちん汁」なども包丁で切ると美味しくないから手でくずしています。

手でくずす美味しさということですね。

 

調理〉豆腐を手で好みの大きさでつまみ、くずします。

あまり小さくなると美味しさを感じなくなりますので、ある程度の大きさでくずします。

ご存知のように、豆腐は「畑の肉」と言われているように高たんぱく質でなおかつ脂質が少ない食品です。

豆腐を〈合せ薬味〉と一緒に、たくさん食べていただければ、健康への近道となります。

盛り付け〉ちぎった豆腐を盛り付けをしますが、盛る時には器とのバランスを見ながら余白をとって豆腐を置き、薬味をこんもりと盛りますと綺麗に見えます。

あとは醤油をかけますが、少しコクを出すために醤油が豆腐を染めたところ(豆腐と絡んで醤油の色がついたところ)に、抗酸化作用のある胡麻油を少し垂らすと、香りと栄養のバランスとれた健康に良い料理になります。

食欲のない時に、加熱処理をしなくてもできる簡単で美味しいスタミナ食〈くずし奴〉をどうぞ

 

  材料〈2人前〉

 材料 木綿豆腐  1/2丁/合わせ薬味  適量/醤油  適量/ごま油  適量

 

作り方

① 木綿豆腐は適当な大きさに手で崩して器に盛り、合わせ薬味をのせる。

② ①に適量の醤油と、ごま油を掛け完成。

 

料理塾

関連記事