1. 和の甘味髙橋有希編

  2. サラダSALAD

  3. 肉を煮込むフレンチ編

  4. 江戸前の肴山﨑美香

  5. タルタルソース添え

  6. マヨネーズの一皿

  7. 慈華の肉料理

  8. プロのお椀

  9. 野菜が主役フレンチ編

  10. 中華の魚介

  11. マンマの煮込

  12. ベトナミーズ鈴木珠美

  1. 胡麻豆腐

  2. バターライス

  3. 乳酸発酵について

  4. 上海風大根のお漬け物

  5. マヨネーズの作り方

  6. 中華三種のドレッシング

  7. 寒蝉鳴 エリンギ編

  8. 大雨時行 人参編

  9. 鷹乃学習 香菜編

  10. 半夏生 ギアラ編

  11. 梅子黄 レモングラス編

  12. 麦秋至 アボカド編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

イタリア料理 西沢健三 料理の時候 通年料理 新着レシピ

スパゲッティ・カルボナーラ

 

「ラ・テンダロッサ」
西沢健三

チーズと卵のとろとろソースにパスタがよく絡みます

口伝

スパゲッティ・カルボナーラ

本日は「スパゲッティカルボナーラ」を作りたいと思います。

材料の準備

本来カルボナーラはグアンチャーレ1を使いますが、なかなか日本では手に入りにくいので、比較的手に入りやすい「パンチェッタ2」の皮付きを使います。
1_グアンチャーレGuanciale 豚ほほ肉のブロックを香辛料や調味料とともに塩漬けしたもの。「パンチェッタ」よりも脂身が多く、脂に甘味があり、濃厚な風味が特徴。
2_パンチェッタPancetta 豚のバラ肉を塩漬けしたもの、皮付き、皮を外したもの、板状、ロール状のものなど多くの種類がある。

パンチェッタは、長さ3センチ7mmから8mm角の棒状に切りますので、出来るだけ板状のものをご用意ください。

「卵」は全卵と卵黄が1対1の分量になるように用意します。

チーズは「ペコリーノ・ロマーノ3」を使いますが、日本に輸入されているものは、ほとんどがサルデーニャ産のものです。
3_ペコリーノ・ロマーノPecorinoRomanoペコリーノは羊乳から作られる硬質チーズの総称で、ロマーノは古代ローマ時代からローマ近郊で作られていたことで有名なチーズ。

鍋に1%の塩分濃度の湯をたっぷり沸かして、「スパゲッティ」を茹でます。

カルボナーラのソースは、熱くなくぬるいような状態ですので、麺が締まるため通常よりも1分から2分長めに柔らかめに茹でます

「パスタ麺」もソースが濃厚ですので9分茹での太めの麺を使い、これを10分茹でます。

ソースを作る

ボウルに黄身と白身が1対1になるように、「全卵二個に卵黄」を2個分入れたものをボウルに入れ、「ペコリーノ・ロマーノ」を加えて、フォークや泡立て器などでよく混ぜ合わせ卵液を作ります。

次に「パンチェッタ」をフライパンで炒めます。

「パンチェッタ」から脂が出ますので、「オリーブオイル」は少量入れるか、または入れなくともも良いくらいです。

中火の火加減で焦げないようにしっかり火を入れます。

しっかり色付いて「パンチェッタ」から脂が出てきましたら、火を止めて余熱で火を入れます。
脂が出過ぎたようでしたら、ペーパーなどで少し拭き取ります。

この時、鍋の「パンチェッタ」の旨味を逃さないためにパスタの茹で汁を入れ混ぜます

この状態で卵液を入れてしまいますと、火が強すぎて炒り卵のようになってしまいますので、「パンチェッタ」の粗熱を取ってから「卵液」を入れます。

火を止めたままで、「パンチェッタ」と「卵液」をゴムベラなどでよく混ぜ合わせます。

「スパゲッティ」が茹で上がりましたら、しっかりと水を切ります。よく「スパゲッティ」はスピード重視と云われますが、カルボナーラの場合は、火を止めた状態で、ゆっくりソースと麺をからめます。

からまりましたら、さらに弱火でじっくりとからませますが、この時のポイントは、ソースがマヨネーズのような状態で麺にからまることが重要です。

全体が馴染んできましたら、中火にしてさらにからめます。やがて卵液が固まり始めますが、フライパンを時々火から外して温度を調節しながら、ソースが炒り卵のような状態にならないように仕上げます

程よい濃度ととろみが出るまで、常に混ぜるようにしてください。
イタリアでは生卵を食べる習慣がなく、卵の質の関係もあってしっかり火を入れます。

しっかりと「卵液」と麺が絡まり火が通りましたら、火を止めて盛り付けます。

カルボナーラは〝炭焼き職人〟という意味もありますので、盛り付けましたら、粗挽き黒胡椒をたっぷりかけます。

たっぷりチーズと卵のシンプルで濃厚なソース〈スパゲッティ・カルボナーラ〉できました。

  材料〈2人前〉

材料

スパゲッティ(少し太めのもの) 160g/パンチェッタ(1)60g/黒こしょう(粗挽き)適量

〈A〉

卵 2個/卵黄 2個/ペコリーノロマーノ (粉)(2)60g

1.パンチェッタとは、豚のバラ肉を塩漬けにして熟成させたもの。
2.ペコリーノロマーノとは、羊の乳から作られるイタリアの伝統的なチーズ。独特の風味が特徴で、塩気と旨味が強い。

作り方

【下準備】

パンチェッタは長さ3cm、7から8mm角の棒状に切る。

①鍋に湯(塩分1%を入れて)沸かし、少し柔らかめにスパゲテッティを茹でる。(動画では9分茹でのものを10分茹でに)
②ボールに〈A〉の卵液を合わせておく。
③フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を入れ、パンチェッタを中火でしっかり脂が出て、色づくまで炒め、火を止める。スパゲッティの茹で汁大さじ2杯(分量外)を入れ、フライパンの周りについた旨味をこそげ取るように混ぜ、そのまま粗熱をとる。
④③の粗熱が取れたら②の卵液を入れ、しっかり混ぜる。(火をつけない)
⑤④にしっかり水気を切ったスパゲッティを加え、よく混ぜてから、弱火にかける。なじんできたら中火にし、卵液がマヨネーズくらいにトロミがつくまで混ぜる。
⑥器に盛り、黒こしょう(粗挽き)をふり完成。

スパゲッティは、太めの方が濃厚なソースに絡みやすい。
茹で上がったパスタと卵液のソースを合わせると、パスタがしまって硬くなるので、茹で時間は表示時間よりも少し長めに茹でる。
パンチェッタを炒める時は、表面がカリッとするくらい、じっくり旨味を引き出すように炒める。※脂が多く出すぎた場合には、ペーパータオルなどで少し拭き取る。
パスタを炒める際、火が入り過ぎそうになったら、火からフライパンを外して温度調整しながら混ぜる。

料理塾

関連記事