1. 酢の隠し作用

  2. 中国酢について

  3. 酢について

  4. 香味油3種

  5. ノンオイルドレッシング

  6. とうもろこしについて

  7. 梅酒の梅の使い方

  8. 中国茶の淹れ方

  9. 卵かけご飯

  10. 合わせ薬味

  11. 白米を炊く

  12. 複合の味

  1. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  2. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  3. 天地始粛の旬菜 無花果編

  4. 綿柎開くの旬菜 心太編

  5. 蒙霧升降の旬菜 新生姜編

  6. 空蝉鳴の旬菜 じゅん菜編

  7. 大雨時行の旬菜 桃編

  8. 八朔の旬菜 枝豆編

  9. 土用卵 フレンチ編

  10. 蓮始開の旬菜 獅子唐芥子編

  11. 小暑の旬菜 カレイ編

  12. 温風至の旬菜 みょうが編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

白露

白露_令和元年9月8日から9月22日まで

この時候の「白露/はくろ」とは、野山に降りる[しらつゆ]のことです。翌九月九日は「重陽/菊の節句」です。「重陽」の早朝には前夜に菊の花に綿をかぶせて、その綿が含んだ菊の花の〝露〟で肌を拭い長寿を願いました。

陽数の重なり_重陽

九月九日は「重陽/菊の節句」です。
古来中国では、奇数は縁起の良い数と考えられ「陽数」と呼ばれました。
九月九日は、一年の内、その一番大きな〝九〟という「陽数」の重なる日であるため「重陽」と呼び節句とされたのが日本に伝わりました。

菊が重陽にちなんでいるのは、元々菊が不老不死に繋がる花とされていた中国で、六朝時代に[桓景/かんけい]という人が「重陽に高い場所で酒に菊を浮かべて呑めば、災いから逃れられる」として、この日に酒宴を催したことが始まりとされています。
これが、日本にも伝わって宮中行事となり、やがて庶民の間にも広がりました。

中国にはまた、[慈童/じどう]という人が九月九日に菊の露を呑んで不老不死となり、八百年を生きたという伝説があるそうです。

現代の日本社会を鑑みるに、八百年も長生きしたくないと願うのは、私だけでしょうか。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹