1. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  2. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  3. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  4. 夏に食べたい中華料理

  5. ベトナムの香草料理鈴木珠美

  6. パプリカ特集

  7. 空豆特集

  8. 魚を煮る野﨑洋光

  9. カレー彩彩

  10. デュクセルを使った一品古賀純二

  11. 丸鷄をさばく飯田徹也

  12. 大根丸々1本使い切る野﨑洋光

  1. 涼風至の旬菜 南瓜編

  2. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  3. チョコチュジャンについて

  4. 焼き餃子・水餃子の皮

  5. 温風至の旬菜 パプリカ編

  6. 梅子黄の旬菜 空豆編

  7. 生クリームについて

  8. ベトナムコーヒーについて

  9. 桃初笑の旬菜 朝鮮アザミ編

  10. 東風解凍の旬菜 蕗の薹編

  11. 乃東生ずの旬菜 柚子編

  12. 金盞香の旬菜 鱈編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

フランス料理 山下敦司 通年料理 新着レシピ

ウフミモザ

「エックス」
山下敦司

簡単・可愛いおもてなし!フレンチ定番のたまごサラダ
〈ウフミモザ〉

口伝

復活祭の定番たまごサラダ

ヨーロッパでは復活祭の時に、卵料理をよく食べますが〈ウフミモザ〉もよく食べられる料理です。

ミモザという黄色い花に見立てたフランスでは定番の卵サラダ。黄身を裏ごしてマヨネーズと混ぜるだけで、驚くほどなめらかでコクのある味わいになります。

 

調理まず、ゆで卵を半分に切ります。

「卵黄」を取り出し裏ごしします。

(白身の部分は、後ほど器として使いますのでとっておきます。)

網の上で手の甲(付け根部分)を使って「黄身をぐっと押し付けて濾し」ます。

濾した黄身をボウルに入れ、「マヨネーズ」を加えて、滑らかになるまで混ぜます。

滑らかになったら、「パセリのみじん切り」を入れます。

よく混ぜ合わせれば出来上りです。

 

星型の口金をつけた絞り袋に入れます。

これを、先ほど黄身を取り出したゆで卵の白身を器にして、こんもりと絞り出します。

時間が経つと、黄身の表面が乾いてしまうので、「なるべく食べる直前に」作ります

お皿に盛りつければ〈ウフミモザ〉の出来上りです。

 

卵とマヨネーズ、パセリだけで美味しく、美しく、簡単にできます。

〈ウフミモザ〉ぜひ作ってみてください。

 

  材料〈16個分〉

 材料 卵 8個/マヨネーズ 1/2カップ(100g)/パセリのみじん切り 大さじ3/お好みのベビーリーフ 適量

 

作り方

① 鍋にたっぷりの湯を沸かし、卵をそっと入れて10分ゆで、すぐに水につけて殻をむく。粗熱をとり冷蔵庫で冷やしておく。 

② ①のゆで卵は縦半分に切り、黄身を取り出し裏ごしする。白身は器に使うのでとっておく。 

③ ボウルに裏ごした黄身、マヨネーズを入れて、なめらかになるまで泡立て器でしっかり混ぜる。パセリを加えて混ぜる。 

④ 星形の口金をつけた絞り袋に③を入れる。食べる直前にゆで卵の白身にこんもりと絞り出す。器にベビーリーフとともに盛りつける。

 

料理塾

関連記事