1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

日本料理 髙橋有希 料理の時候 夏の料理 新着レシピ

トマトのコンポート

 

「ヒカリヤ」

色鮮やかな2色のミニトマトをデザート感覚で

口伝

トマトのコンポート

「トマトのコンポート」を作ります。今回は黄色と赤の「ミニトマト」を使いますが、どんなトマトでも美味しく作ることができます。

ミニトマトを調理する

「ミニトマト」はヘタを落としてから、皮に十文字に包丁目を入れます
なるべく皮だけに包丁を入れるようにしますと、皮を湯むきした時に実が崩れません。

「レモン」を皮ごと3mmの厚さにスライスします。
薄めにスライスすることで出来上がったときに一緒に召し上がることができます。

鍋の沸騰した湯に、包丁を入れた「ミニトマト」を入れてたら、すぐに火を止めて取り出し、氷水に落とします。

「ミニトマト」には、あまり火を入れたくないので、湯に潜らせるようにします。

「ミニトマト」の皮がすぐに剥けてきますので、急いで氷水に落とし、皮を剥きます。
最初に包丁目を入れていますので、簡単に皮を剥くことができます。

シロップに漬ける

鍋に「水」「砂糖」を入れて、強火で沸騰させます。
沸騰したら弱火にして、スライスした「レモン」と湯むきした「ミニトマト」を加えて、再び強火にして、ひと煮立ちさせます。

「トマト」と「レモン」はとても相性が良く、一緒に摂ることによって高血圧の予防となります。

ひと煮立ちしましたら、すぐに鍋からあけて氷水にはったボウルに移し冷やします。
粗熱が取れましたら、冷蔵庫で三時間ほど寝かせます。

ゼリーを作る

三時間ほど寝かせた「コンポート」の汁を鍋に入れ、火をつけて40度くらいの温度にします。

鍋に水でふやかした「板ゼラチン/粉ゼラチンでも可」を加えます。
「ゼラチン」が溶けましたら、氷水にはったボウルに移し冷まします。
この時、ボウルを回しますとすぐに冷めます
20分くらいで「ゼリー状」になります。

器に「トマトのコンポート」を入れて、上から「ゼリー」を乗せて、「ミント」を飾れば出来上がりです。

ゼリーがけでより涼しげな〈トマトのコンポート〉完成です。

材料〈4人前〉

 材料

ミニトマト(赤・黄)  14個ずつ/レモン(輪切り)  1/2個/ミント  少々/ゼラチン  8g

シロップ

  300ml/砂糖  100g

 

作り方

① トマトはへたを落とし、皮目に十字の切れ目をいれる。熱湯にくぐらせ、湯むきする。

② レモンは皮ごと薄切りにする。

③ <シロップ>の材料を鍋に合わせ火にかける。沸いたところにレモンを入れる。トマトを加え、ひと煮立ちさせる。氷水で冷まし、冷蔵庫で3時間以上寝かせる。

④ ③の煮汁を鍋にとりわけ、40℃に温める。水で戻したゼラチンを入れ、溶けたら冷やしてゼリーにする。

⑤ トマトを器に盛り、③のゼリーを掛け、ミントを添える。

料理塾

関連記事