1. 和の甘味髙橋有希編

  2. サラダSALAD

  3. 肉を煮込むフレンチ編

  4. 江戸前の肴山﨑美香

  5. タルタルソース添え

  6. マヨネーズの一皿

  7. 慈華の肉料理

  8. プロのお椀

  9. 野菜が主役フレンチ編

  10. 中華の魚介

  11. マンマの煮込

  12. ベトナミーズ鈴木珠美

  1. 胡麻豆腐

  2. バターライス

  3. 乳酸発酵について

  4. 上海風大根のお漬け物

  5. マヨネーズの作り方

  6. 中華三種のドレッシング

  7. 寒蝉鳴 エリンギ編

  8. 大雨時行 人参編

  9. 鷹乃学習 香菜編

  10. 半夏生 ギアラ編

  11. 梅子黄 レモングラス編

  12. 麦秋至 アボカド編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中華料理 飯田徹也 料理の時候 通年料理 新着レシピ

マカオ風グラタン

「よだれ鷄」
飯田徹也

ココナッツとカレーの風味を楽しむグラタンです

口伝

マカオ風グラタン

マカオ風料理というのは、香港の下にあるマカオという小さな国で作られるタイ、インドネシア、マレーシア、広東料理という料理が混ざった多国籍な料理です。
本日の「マカオ風グラタン」は、ココナッツミルクやカレー粉の入った少しスパイシーなグラタンです。

ベシャメルソースを作る

「カレー粉」と「小麦粉」を鍋に入れて乾煎りします。
乾煎りすることによって香りが出て粉臭さがか無くなります。
香りが上がってきましたら「無塩バター」を入れてしっかり馴染ませます。
混ぜ合わさりましたら、「牛乳」をダマにならないように弱火で少しずつ入れて伸ばします。
この時「牛乳」を常温に戻しておくと混ぜやすくなります。

丁寧に伸ばして馴染んできましたら、ある程度「牛乳」を一気に入れてさらに伸ばします。
次に「ココナッツミルク」「塩」「グラニュー糖」を加えて少し煮詰めてとろみをつけます。


火加減は中火で煮ますが鍋底に当たり(焦げ)やすいので、下からすくうようにして混ぜ合わせます。
とろみがつけばボウルに取り出します。これでベシャメルソースの出来上がりです。

グラタン生地を作る

鍋に「無塩バター」を入れ、みじん切りにした「玉ねぎ」「マッシュルーム」を中火でじっくり炒めます。
しんなりしましたら「ホタテ」を入れて軽くソテーして、先ほどの「ベシャメルソース」を加えて絡ませます。


よく絡ませれば「グラタン生地」の出来上がりです。

グラタンを焼く

ホタテの殻に「グラタン生地」をのせますが、ホタテの殻が安定するようにアルミホイルでリング(輪)を作ってその上に殻を乗せます。
貝殻を使う料理の際はこの方法で貝殻を安定させます。

「ホタテ」の貝殻に「グラタン生地」をたっぷり入れて、上から「ココナッツパウダー」をかけてさらにココナッツの香りをつけます。
「ココナッツパウダー」がなければ「パン粉」でも結構です。


200度のオーブンに5分から6分焼いて焼き色がつくまで焼けば出来上がりです。

マカオの味をお楽しみください〈マカオ風グラタン〉完成です。

  材料〈4人前〉

材料

殻つきほたて 4枚/玉ねぎ(みじん切り) 小1/ 2個/マッシュルーム (みじん切り) 5から6個/小麦粉 大さじ3/カレー粉 大さじl/バター(無塩) 50g/ココナッツミルク 120g/牛乳 300 ml/塩 小さじ1/グラニュー糖 小さじ2/ココナッッパウダー 適量/ベビーリーフ 適星

 

作り方

【下準備】
・殻つきほたては殻からはずし、ひもなどを除き貝柱だけにする。
 
① ホタテの貝柱は半分に切る。
② 鍋に小麦粉、カレー粉を入れ、粉臭さをなくすように弱火で炒める。香りが出てきたらバターを加え、全体にバターが回ったら、牛乳を少しずつ加え、だまにならないようにのばしていく。ココナッツミルクを加え、塩、グラニュー糖を入れとろみがつくまで煮る。
③ フライパンにバター(分量外)少々を入れ中火で玉ねぎ、マッシュルームを炒め香りが出てきたら、①のホタテを入れソテーし、②のベシャメルソースを入れからめる。
④ ホタテの殻に③をいれココナッツパウダーをかけ200℃のオーブンで5~6分表面に焼き色がつくまで焼く。
⑤ 器にベビーリーフをしき④をのせる。

ベシャメルソースを作るときは牛乳は常温にしておき、弱火で少しずつのばしていく。

 

料理塾

関連記事