1. お家でおもてなしフレンチ編

  2. 食卓にオードブルを山下敦司編

  3. 熱燗が旨い肴髙橋有希編

  4. 熱燗が旨い肴浅見健二編

  5. 熱燗が旨い肴野﨑洋光編

  6. 熱燗が旨い肴山﨑美香編

  7. マンマの料理肉料理編濱崎泰輔

  8. ベトナムの野菜料理鈴木珠美

  9. 和食の定番玉子焼き

  10. フレンチの卵料理

  11. 髙橋有希の野菜彩々

  12. 秋元さくらの魚料理

  1. 雉始めて雊 摘み菜編

  2. 橘始黄む 落花生編

  3. 虹蔵不見 百合根編

  4. 金盞香し マッシュルーム編

  5. 山茶始開 春菊編

  6. 楓蔦黄なり 蓬編

  7. 蟋蟀在戸 生姜編

  8. 霜始降る 浅蜊編

  9. 鴻雁来る 茄子編

  10. 水始涸る セロリ編

  11. 雷乃収声 韮編

  12. 玄鳥去 ブロッコリー編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

小寒

小寒_令和3年1月5日から1月19日まで

小寒_寒の入りです。むかし中国では1日から6日までをそれぞれ「鶏・犬・猪・羊・牛・馬」の日とし、7日を人の日である人日とされていました。
それぞれの日にはその日の動物を殺さないようにして、7日の人の日には犯罪を犯した者に対する刑罰を行わないようにしたということです。
またこの日には七種の穀物を入れた七種(ななくさ)の〝羹(あつもの)=粥/スープ〟を作って食べました。
以前にも記しましたように、〝羹(あつもの)〟は日本に渡来してから、その姿を変えて菓子の〝羊羹〟となりました。

七種と七草

むかし中国では1月7日に宮廷の官吏昇進が決められていたので、登院前の朝、官吏が立身出世を願い験かつぎで薬効のある七種の穀物の〝羹〟を食べたのが始まりと云われています。
中国で〝羹〟にした七種の穀物は「米・麦・小麦・粟・黍・大豆・小豆」であったのが、日本に伝わってから若菜の七草へと変化しました。
七草は「芹薺五形はこべら仏の座菘すずしろこれぞ七草」と詠われる七種類の若菜です。
中国から伝わった節句の名前としては「七種」の文字を使い、節供として食する若菜の七種の粥には「七草」の文字と使い分けがされていたようですが、どちらにせよ、新春に芽吹いてきた若菜の生命力を我が身に頂いて〝寒の入り〟の厳しい季節を健やかに過ごそうということに変わりはないようです。

今回の特集は、日本料理特集「熱燗が旨い肴理浅見健二編髙橋有希編の2本立です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹