1. ベシャメルソース

  2. 蓮根/根菜

  3. 秋刀魚

  4. きのこの味覚について

  5. 酢の隠し作用

  6. 中国酢について

  7. 酢について

  8. 香味油3種

  9. ノンオイルドレッシング

  10. とうもろこしについて

  11. 梅酒の梅の使い方

  12. 中国茶の淹れ方

  1. 鶺鴒鳴くの旬菜 里芋編

  2. 禾乃登るの候 土佐酢アレンジ編

  3. 天地始粛の旬菜 無花果編

  4. 綿柎開くの旬菜 心太編

  5. 蒙霧升降の旬菜 新生姜編

  6. 空蝉鳴の旬菜 じゅん菜編

  7. 大雨時行の旬菜 桃編

  8. 八朔の旬菜 枝豆編

  9. 土用卵 フレンチ編

  10. 蓮始開の旬菜 獅子唐芥子編

  11. 小暑の旬菜 カレイ編

  12. 温風至の旬菜 みょうが編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

日本料理 髙橋有希 料理の時候 通年料理 新着レシピ

トマトおでん

 

「源氏山」
髙橋有希

じっくり味を含ませた人気の変わり種おでん。

口伝

トマトおでん

「トマト」のおでんを作ります。全体的にあっさりした料理なのですが、ベーコンを入れることによってコクを出します。

具材の処理

「トマト」ヘタ側の固い部分を切り落として、ヘタを取ります。
湯むきがしやすくなるように、ヘタの反対側に十文字に包丁を入れます
「ベーコン」は、5cm幅に切ります。
「ホワイトセロリ」を小口切りにします。「ホワイトセロリ」がない場合は普通の「セロリ」でも構いません。

トマトの湯むき

「トマト」のヘタ側の固い部分を先に10秒ほど鍋のお湯につけてから、全体を入れます。
「トマト」の周りの皮がめくれて来たら水に落とします。
水に取った「トマト」の皮をむきますが、十文字に包丁をしてありますので、簡単にむくことができます。

トマトを煮る

「トマト」のヘタ側を下にして鍋に並べ、「出汁」を「トマト」がヒタヒタになるように入れます。
火にかけて「出汁」が沸いてきましたら、弱火にして「塩」を入れて薄味にし、ペーパータオルなどで落し蓋をして、15分ほどコトコト煮て常温になるまで自然に冷まします。
この後この「弱火で15分煮てから、常温になるまで自然に冷ます」を2回繰り返します。

日本料理でよく使う手法ですが、こうすることによって「トマト」にぎゅっと味が入りますので、薄味でも美味しく召し上がれます。

再び「トマト」に火を入れます。
フライパンに「サラダ油」をひいて「ベーコン」を焼きますが、さっと軽く炙る程度に焼きます。
両面に少し焼き色をつけたら「トマト」の鍋に入れて「ベーコン」の旨味を移します。

全体に火が通りましたら、味を整えて盛り付けます。
穴開きのお玉で器に「トマト」を盛り付け「ベーコン」も入れますが、このとき鍋の「出汁」は残しておきます。
鍋の「出汁」を火にかけてから「水溶き片栗粉」を加えてとろみをつけます。

とろみがつきましたら、ここに「ホワイトセロリ」を入れてざっくり混ぜましたら「餡」の出来上がりです。
「餡」を「トマト」と「ベーコン」の入った器にかけ、お好みで「胡椒」をふります。
お出汁の効いた熱々の〈トマトおでん〉完成です。

材料〈4人前〉

 材料

トマト  中4個/ベーコンスライス  8枚/ホワイトセロリ  1/2束/かつお出汁  2カップ/塩  少々/水溶き片栗粉  少々/黒こしょう  少々/サラダ油  少々

 

作り方

① トマトはヘタを落とし、頭に十字の切れ目を入れる。ホワイトセロリは小口切りにする。ベーコンスライスは5cmの長さに切る。
② トマトを湯むきする。鍋に湯を沸かしトマトを入れる。皮がめくれてきたら冷水にとり、皮をむく。
③ 別の鍋にトマトとかつお出汁を入れ火にかける。沸騰したら弱火にし、塩で味をつける。落し蓋をして15分ほど煮たら、常温で冷ます。
④ ③の鍋を再度火にかけ、弱火で15分ほど煮る。常温で冷ます。
⑤ フライパンにサラダ油を入れ、ベーコンをさっと焼く。
⑥ ④の鍋を火にかけ、焼いたベーコンを入れ、味を整える。
⑦ トマトとベーコンを器に盛る。残った出汁に水溶きかたくり粉でとろみをつけ、ホワイトセロリを入れる。トマトにかけ、黒こしょうをふり完成。

◆3回火を入れることで中までしっかり味を含ませることができる。薄味でも味がしっかりしているので食べやすい。

料理塾

関連記事