1. 海老を食すⅢ中華料理

  2. 海老を食すⅡフランス料理

  3. 海老を食すⅠ鈴木珠美

  4. カツが食べたい

  5. 生パスタが食べたい濱崎泰輔

  6. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  7. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  8. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  9. 夏に食べたい中華料理

  10. ベトナムの香草料理鈴木珠美

  11. パプリカ特集

  12. 空豆特集

  1. 雷乃収声 韮編

  2. 玄鳥去 ブロッコリー編

  3. 草露白し 牛蒡編

  4. 禾乃登る クレソン編

  5. オレキエッテOrecchiette/生パスタ

  6. 綿柎開くの旬菜 バジル編

  7. 涼風至の旬菜 南瓜編

  8. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  9. チョコチュジャンについて

  10. 焼き餃子・水餃子の皮

  11. 温風至の旬菜 パプリカ編

  12. 梅子黄の旬菜 空豆編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

イタリア料理 濱崎泰輔 料理の時候 通年料理 新着レシピ

オレキエッテ ピアット ディ
フォッジャーノ

「ラ・タルタルギーナ」
濱崎泰輔

南イタリアのマンマの味を召し上がれ!

口伝

オレキエッテ ピアット ディ フォッジャーノ
Orecchiette Piatto di Foggiano

オレキエッテOrecchiette の生パスタを使ったパスタをご紹介したいと思います。
オレキエッテの生パスタの作り方はこちらをご覧ください。
このパスタは私が一番最初に修行した北プーリアのフォッジャという街で教わったパスタで、「ピアット・ディ・フォッジャーノPiatto di Foggiano〝フォッジャの街のお皿〟と云う名の私の思い出深い一皿です。

ソースを作る

「にんにく」を包丁の背で潰します。
茹でた「じゃがいも」を扇形に切ります。

「オリーブオイル」を敷いたフライパンに「にんにく」を入れ、早い段階で火を入れてしまうと「にんにく」が焦げてしまいますので、最初は中火で「オリーブオイル」香りを移します。
「オリーブオイル」がフツフツしだしましたら火加減を弱火にして、「にんにく」がキツネ色になりましたら、火を止めて「にんにく」を取り出します。

次に「ミニトマト」を火にかけてソテーしトロッとさせたものを加え弱火で炒めます。

パスタを茹でる

ソースを炒めている間に、水に対して10%の塩分濃度の湯の鍋に、「オレキエッティの生パスタ」、切った「じゃがいも」「ベビーリーフ」を入れて一緒に茹でます。

「生パスタ」は茹で上がるのが早いので茹で過ぎに注意しながら茹でます。
「パスタ」は食べながら茹で加減をみてください。大体「パスタ」が湯の表面に浮いて来ましたら、茹で上がりのサインです。

茹で汁をよく切って、フライパンの「ソース」と絡めます。
炒めると云うよりは「ソース」と和えると云う感覚です。

「ソース」と「パスタ」が絡みましたら皿に盛り、ヤギと羊のチーズ「カチョリコッタチーズ」を上からかけて出来上がりになります。
カチョリコッタ・チーズCacioricotta_プーリア地方の硬質リコッタチーズ、アブルッツォ地方にはレモンとコーヒー豆を調味料に使った同じ名の独特の風味のものもある。

チーズは他のものでも構いませんので、色んな味をお試しになって楽しんでください。

生パスタで作ったマンマの味〈オレキエッテ ピアット ディ フォッジャーノ〉完成です。

  材料〈1人前〉

 材料

オレキエッテ 60g/じゃがいも(茹でたもの) 1個
ベビーリーフ 1つかみ/ミニトマト(ソテーしたもの) 6個分/カチョリコッタチーズ 適量/ニンニク 1かけ/EXV(エキストラバージン)オリーブ油 適量

オレキエッテの生パスタの作り方はこちらをご覧ください。

 

作り方

① じゃがいもを5mm幅くらいに切る。
② フライパンにEXバージンオリーブ油とニンニクを入れて火にかけ、ニンニクがきつね色になったら取り除く。そこへミニトマトを入れる。
③ オレキエッテ、ベビーリーフ、じゃがいもを一緒にゆでる。(上にパスタが上がってくる位)
④ ③を②と合わせ、からめて皿に盛り、上からチーズをかける。

料理塾

 

関連記事