1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中華料理 飯田徹也 料理の時候 通年料理 新着レシピ

マーラーカオ

「よだれ鷄」
飯田徹也

ふっくら口当たりの良いマーラーカオです

口伝

マーラーカオ

マーラーカオは広東料理定番のデザートで甘くて美味しい蒸しカステラです。
マレーシアから伝わったと言われています。
混ぜて蒸すだけで作れますので、是非おやつの時間に作ってみてください。

生地を作る

ボウルに「卵」と「カスタードパウダー」を入れて混ぜ合わせます。


混ぜ合わさりましたら、別のボウルに入れた「黒糖」に少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
「黒糖」がダマになりやすいので少しずつ入れます。

ある程度混ざりましたら「牛乳」と「コンデンスミルク」を加えます。
さらに「重曹」「バーキングパウダー」を入れて、ふるいにかけた「薄力粉」を何回かに分けながら入れてよくかき混ぜます。
「薄力粉」はふるってあるほうがダマになりにくく作業がスムーズになります。


ダマにならないようにしっかり混ぜ合わせて、最後に「溶かしバター」を加えて軽く混ぜてから、ザルで濾します。
「生地」をザルで濾すことで口あり良く出来上がります。

「生地」をクッキングシートを敷いたバットもしくはセイロに流し入れます。
これを強火のセイロで25分蒸ほどします。

25分ほど蒸すとベーキングパウダーが入っていますのでフワフワのカステラが出来上がります。
セイロから取り出し容器から外して粗熱が取れれば出来上がりです。

中国茶にぴったりの〈マーラーカオ〉完成です。

  材料〈8人前〉

材料

黒糖(粉)140 g/カスタードパウダー 15g/卵 3個/コンデンスミルク  60g/牛乳 l10g
薄力粉 150g/ベーキングパウダー 12g/重曹 lg

無塩バター (溶かす) 35g

 

作り方

① ボールに卵を溶き、カスタードパウダーを入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
② 別のボールに黒糖を入れ、①を少しずつ加えてその都度混ぜる。コンデンスミルク、牛乳を加えてさらによく混ぜる。
③ ②にベーキングパウダー、重曹を加え、ふるった薄力粉を何回かに分けて入れ、混ぜ合わせる。さらにバターを加え混ぜ、ざるなどで生地を一度漉す。
④バットまたは蒸籠にクッキングシートを敷き、③の生地を流し入れ、強火で25分ほど蒸す。
⑤ 蒸しあがったら容器からはずし、粗熱がとれたら食べやすく切り、器に盛る。

生地を一度漉して、だまが入らないようにすると口当たりがよくなる。
蒸気が立った蒸し器で強火で蒸すとふっくら仕上がる。

料理塾

関連記事