1. 料理の名脇役三つ葉

  2. アスパラガスを食す

  3. 野﨑洋光の煮魚

  4. 豚を茹でる

  5. 鶏ももパリパリ

  6. 髙橋有希睦月の和食

  7. 山﨑美香冬至に豆腐

  8. 藪崎友宏冬の薬膳

  9. 山本誠冬の一皿

  10. 山下敦司初冬の一皿

  11. 髙橋雄二郎秋の一皿

  12. 西沢健三秋の一皿

  1. 雀始巣 三つ葉編

  2. 蟄虫戸啓 アスパラガス編

  3. 魚氷上 山椒編

  4. 東風凍解 青紫蘇編

  5. 雉始雊 小豆編

  6. 雪下麦出 葱編

  7. 鱖魚群 豆腐編

  8. 橘始黄 豆乳編

  9. 金盞香 ルッコラ編

  10. 山茶始開 鬱金編

  11. 蟋蟀戸在 蕪編

  12. 鴻雁来 パセリ編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

フランス料理 山下敦司 通年料理 新着レシピ

クラフティリムーザン

「エックス」
山下敦司

リムーザン地方のやさしい甘さのデザートです

口伝

クラフティ・リムーザンclafoutis limousin

本日は「クラフティ・リムーザン」を作ります。
クラフティ・リムーザンclafoutis limousin_リムーザン地方発祥の、さくらんぼを入れたパンケーキ
固めのプリンのようなイメージのデザートになります。
今回はチェリーを入れますが、それ以外にもリンゴや洋梨など色々な果物を入れて作ってみるのも良いと思います。

生地を作る

グラタン皿のような型の器を用意します。
器の内側に「ポマード状のバター」を塗っていきます。
室温に戻したバターをクリーム状に練ったもの


綺麗に塗れましたら「グラニュー糖」をグラタン皿に入れて動かしながら、型に貼り付けていきます。


これから「アパレイユ」という生地を作ります。
アパレイユappareil_スフレや各種クリーム、アイスクリームなどを作るための材料。卵や牛乳などを混ぜ合わせた生地
ボウルに「卵」を入れて少しほぐしてから「砂糖」を入れてよく撹拌します。


「卵」と「砂糖」が混ざりましたら、ふるった「薄力粉」の分量を3回くらいに分けて入れながらよく混ぜ合わせます。


混ぜ合わさりましたら「牛乳」を入れますが、「牛乳」も少しずつに分けて入れるようにします。


「牛乳」も混ぜ合わさりましたら、「生地」を漉し器で濾します。
ここでは卵の殻などの不純物を取り除くため確認のため濾します。

焼き上げる

今回は缶詰の「ダークチェリー」を使いますが、缶詰の場合は汁が多いのでペーパータオルなどで汁気を切ってから使います。
「砂糖」をまぶしたグラタン皿に、汁気を切った「ダークチェリー」を並べます。


お好みで、たくさん入れても結構なのですが、必ず真ん中は避けて開けておきます
これは焼き上がりをカットする時に、ここに「ダークチェリー」があると崩れてしまうためです。
「ダークチェリー」を並べたらグラタン皿に「生地」を流し込みますが、「ダークチェリー」が埋まらない程度の7分目くらいまで入れるようにします。


上まで流し込んで「ダークチェリー」が隠れてしまうと、出来上がりが美味しそうに見えません。
108度のオーブンに入れて25分ほどかけて「クラフティ・リムーザン」を焼き上げます。
「クラフティ・リムーザン」は、焼きあがって粗熱を取ってから、皿のまま冷蔵庫で冷やします。
必ず冷やしてから食べるようにしてください。
お好みで食べる直前に「粉糖」をかけます。

フルーツの入ったプリンのような焼き菓子「クラフティ・リムーザン※」の完成です、
冷たく冷やしてお召し上がりください。

材料〈直径18cmの耐熱容器2台分〉

 材料

ダークチェリー(缶詰) 30粒/卵 3個/グラニュー糖 80g/薄力粉 75g/牛乳 500ml

※1.パン粉は一度ざるに通し、細かくするとよい。

作り方

【下準備】
・グラタン皿などの耐熱容器に無塩バターを塗ってグラニュー糖 (ともに適量分量外)をまぶし、冷蔵庫に入れておく。
・薄力粉はふるっておく。
・ダークチェ リーはペーパータオルにのせて汁気をきる。
①ボウルに卵を入れて泡立て器で溶きほぐし、砂糖を加えて混ぜる。溶けたらふるった薄力粉を3回に分けて加え、その都度なじむまで混ぜる。
②牛乳を少しずつ加えて混ぜ、こし器でこす。
③ 冷蔵庫に入れておいた耐熱容器にダークチェリーを並べ、②をダークチェリーの7分目くらいまで注ぎ入れ る。
④ 180℃に温めたオーブンに入れて25分ほど焼く。粗熱がとれた ら型のまま冷蔵庫で冷やす。食べる直前に好みで粉糖をふり、切り分けていただく。

卵の生地はこすと卵のカラザを除くことができ、 なめらかな口当たりに仕上がる。
チェリーは耐熱容器の中央を避けて並べると、切り分けるときに美しくカッ トできる。
好みで生のダークチェリーを使ってもよい。
ポマード状のバター:室温に戻したバターをクリーム状に練ったもの
アパレイユ:卵や牛乳など材料を混ぜ合わせたもの

料理塾

関連記事