1. 中華の魚介

  2. マンマの煮込

  3. ベトナミーズ鈴木珠美

  4. デザート彩彩

  5. フルーツデザートフレンチ編

  6. 韓国の食卓ジョンキョンファ

  7. 鶏四題野﨑洋光

  8. 中華点心

  9. フレンチ王道の魚料理

  10. マンマの料理野菜チーズ編濱崎泰輔

  11. 野菜彩彩野﨑洋光

  12. 中華の肉飯田徹也

  1. 鷹乃学習 香菜編

  2. 半夏生 ギアラ編

  3. 梅子黄 レモングラス編

  4. 麦秋至 アボカド編

  5. 鶏肉編

  6. 包丁の選びかた扱いかたについて

  7. 虹始見 鯛編

  8. 雷乃声発 新玉葱編

  9. 菜虫蝶化 レタス編

  10. 蟄虫戸啓 筍編

  11. 魚氷上 蛤編

  12. 鶏始乳 白菜編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

大暑

大暑_令和3年7月22日から8月6日まで

四万六千日

大暑—大いに暑くなり夏本番を迎える時期となります。

先の七月九日と十日は、東京は浅草・観音浅草寺の「四万六千日(しまんろくせんにち)の縁日」でした。
この縁日は、参拝するといつもの日よりもご利益のある〝功徳日(くどくび)〟の中でも最も功徳のある日に行なわれるものです。
一年の中で、功徳日はそれぞれ功徳の大きさの順に、九十日(二月晦日)、百日(元旦・三月四日・四月十八日)、四百日(五月十八日・六月十八日・十月十九日)、四千日(八月二四日・九月二〇日・十二月十九日)、六千日(十一月七日)とあります。
別けても七月十日は、その日参詣すると四万六千日お参りしたと同じご利益があるとされる日です。

四万六千日は年に換算すると百二十六年にあたるので人間一生分のお参りに相当するという有難い功徳日となります。
四万六千という数字の由来は一生=一升の語呂合わせで、一升は米粒およそ四万六千粒からきていると言われています。

米を主食としてきた日本人だからこその発想と言えるでしょう。

今回の特集は、中国料理特集「中華の魚介」とシェフの知恵「香菜(シャンツァイ) 」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹