1. 小薇梅雨の薬膳

  2. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  3. 鈴木珠美の春の一皿

  4. 山﨑美香の春の一皿

  5. 桜海老が食べたい

  6. 野﨑洋光一汁三菜の四

  7. 野﨑洋光一汁三菜の参

  8. 野﨑洋光一汁三菜の弐

  9. 野﨑洋光一汁三菜の壱

  10. 冬に食べたい汁のもの髙橋有希編

  11. 山下敦司のパーティ皿

  12. 秋元さくらのパーティ皿

  1. 竹笋生 長芋編

  2. 蛙始鳴 帆立編

  3. 虹始見 芹編

  4. 雷乃声発 菜の花編

  5. 雀始巣 桜海老編

  6. 草木萌動 椎茸編

  7. 土脈潤起 蒟蒻編

  8. 鶏始乳す 馬鈴薯編

  9. だしの取り方

  10. 芹乃栄 大根編

  11. 鱖魚群 ズッキーニ編

  12. 閉塞冬成 慈姑編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

立夏

立夏_令和4年5月5日から令和4年5月20日まで

めでたい数 

立夏_春色が褪せて、爽やかな夏の気が立ち始める時候です。

五月二日は八十八夜でした。
米寿と同じく〈米〉の文字を分解すると八十八となるため、めでたい数字とされています。
五月五日の端午の節句も、めでたい数〈陽数〉とされる奇数の重なる日です。
端午の〈端〉は〝初〟という意味で、つまり月の初の午の日〈初午(現在は2月のみ各地の神社で祭礼が行われます)〉ですが、〈午〉は五に繋がりますので、本来〈端午〉は毎月の五日のことを指しましたが、五月五日は、そのめでたい陽数の五〈午〉が重なる日ということで、節句となりました。
このことから中国では「重牛節」とも呼ばれます。

子供の頃、「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉がしげる、あれに見えるは茶摘みじゃないか——」と唄いながら手遊びをしましたが、あの時の女の子はいま何をしているのでしょうか、手の温もりだけは残っています。

今回の特集は、フランス料理特集「秋元さくらの初夏の一皿 魚介編」とシェフの知恵は「蛙始鳴/帆立編」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹