1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

穀雨

穀雨_令和4年4月20日から令和4年5月4日まで

恋から子猫

穀雨_穀物を育てる準備ができて、そこに春の恵みの雨が降るという時候です。

春分の前あたりの時期の季語に〈猫の恋〉があります。
陽気の良くなった春先に、猫に盛りがついて、艶かしい声を上げるさまを猫の恋と表したものです。
その結果、2ヶ月ほど経ったこの時期に子猫たちが生まれるため、必然的に〈子猫〉がこの時期の季語となりました。

江戸時代の俳諧師〝宝井其角(きかく)〟に
「猫の子の くんずほぐれつ 胡蝶かな」
というものがあり、子猫がひらひらと舞う蝶を追いかけて遊んでいる姿が目に浮かびます。

酒好きだった其角が縁側あたりで一杯呑りながらそれを眺めている、のどかな春の日が浮かんできて、こちらまで心地よくほろ酔いしそうです。

今回の特集は、ベトナム料理特集「鈴木珠美の春の一皿」とシェフの知恵は「虹初見/芹編」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹