1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

清明

清明_令和4年4月5日から令和4年4月19日まで

柳の糸

清明_全てが清々として生き生きと明るくなる季節です。

稀代の色男〈在原業平〉のあまりにも有名な歌
世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし
にありますように、いにしえより日本で花といえば〝桜〟を指し、春の主役はどうしてもこの薄紅色の可憐な花になります。

しかし、春を彩る花には他にも〝木蓮〟や〝椿〟といった素敵な花も多くあります。
中でも〝枝垂れ柳〟は、春に芽吹いて小さな小さな花を咲かせ、柳の木は生き生きとした緑色となります。
緑に染まって放物線を描く枝のことを〝柳の糸〟と呼ぶそうです。
春風にゆらりゆらりと柳の糸が揺れるさまも、また、待ち遠しい春の風物詩です。

今回の特集は、和食料理特集「山﨑美香 春の一皿」とシェフの知恵は「雷乃声発/菜の花編」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹