1. 音羽創秋の一皿

  2. 飯田徹也初秋の一皿

  3. 田村亮介夏の一皿

  4. 濱崎泰輔夏の一皿

  5. 古賀純二夏の一皿

  6. 浅見健二夏の一皿

  7. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  8. ジョンキョンファ夏の一皿

  9. 小薇梅雨の薬膳

  10. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  11. 鈴木珠美の春の一皿

  12. 山﨑美香の春の一皿

  1. 雷乃声収 グリンピース編

  2. 禾乃登 ピーマン編

  3. 寒蟬鳴 オクラ編

  4. 大雨時行 大蒜編

  5. 鷹乃学習 雲丹編

  6. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  7. 腐草蛍為 鰹節編

  8. 麦秋至 烏賊編

  9. 竹笋生 長芋編

  10. 蛙始鳴 帆立編

  11. 虹始見 芹編

  12. 雷乃声発 菜の花編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

秋分

秋分_令和4年9月23日から令和4年10月7日まで

女郎花

秋分_お彼岸です。先祖の墓にお萩などをお供えして、その御霊を祀り感謝する時です。遠方に墓があり、お参りがなかなか難しい人も多いと思いますが、しばし手を合わせ思いを馳せるのもよろしいかと思います。

秋の七草に「女郎花/オミナエシ」があります。その名は、黄色で小さく可憐な花弁の姿に、白色の「男郎花/オトコエシ」に対して付けられたという説がありますが、小さな黄色い花を〝粟飯〟にたとえた〝女飯/おんなめし〟がなまったものとする説もあります。
また「女郎花」にまつわる話に、むかし平城天皇(へいぜいてんのう/806から9年頃)のころ、小野頼風(よりかぜ)という男が京の女と契りを結んで将来を約束しましたが、男は約束を破り故郷の近江八幡に帰ってしまいました。女は頼風を追いますが、彼に妻がいることを知り、世を儚(はかな)んで身につけていた山吹色の衣を脱いで川に身を投じます。やがて朽ちた衣から黄色い花が咲き、それが「女郎花/オミナエシ」であるというものです。
この物語から能楽・謡曲の『女郎花』は作られました。

今回の特集は、フランス料理特集「音羽創 秋の一皿」とシェフの知恵は「雷乃声収 グリンピース編」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹