1. 冬に食べたい汁のもの髙橋有希編

  2. 山下敦司のパーティ皿

  3. 秋元さくらのパーティ皿

  4. 和の甘味髙橋有希編

  5. サラダSALAD

  6. 肉を煮込むフレンチ編

  7. 江戸前の肴山﨑美香

  8. タルタルソース添え

  9. マヨネーズの一皿

  10. 慈華の肉料理

  11. プロのお椀

  12. 野菜が主役フレンチ編

  1. 芹乃栄 大根編

  2. 鱖魚群 ズッキーニ編

  3. 閉塞冬成 慈姑編

  4. 胡麻豆腐

  5. バターライス

  6. 乳酸発酵について

  7. 上海風大根のお漬け物

  8. マヨネーズの作り方

  9. 中華三種のドレッシング

  10. 寒蝉鳴 エリンギ編

  11. 大雨時行 人参編

  12. 鷹乃学習 香菜編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中華料理 田村亮介 料理の時候 通年料理 新着レシピ

麻婆豆腐

「麻布長江香福筵」
田村亮介

四川料理の代表。人気店 麻布長江の味をご家庭で

口伝

麻婆豆腐

「麻婆豆腐」は「豆板醤」を使う代表的な四川料理です。
本日は絹ごしの柔らかい「豆腐」を使います。
本来中国では硬めの「豆腐」を使うことが多いのですが、「豆腐」はふわっと柔らかい方が美味しいと思います。
また、しっかりと炒めた「豚ひき肉」を噛む時の食感と、柔らかい「豆腐」を口の中で合わせることによって、刺激され元気になります。
本来中国では「麻婆豆腐」には「葉にんにく」という野菜を使いますが、なかなか日本では手に入りませんので、本日は「長ねぎ」と「ニラ」を使って作ります。

具材の処理

「ニラ」をみじん切りにしますが、長いままですと時間がかかるだけなので、3等分ほどにしてから切ります。
次に「長ねぎ」のみじん切りですが、「長ねぎ」を回しながら、縦の繊維に沿って真っ直ぐ切り目を入れます。
この時まな板まで貫通するように、しっかりと切り目を入れるようにします。
しっかりと縦に切り目が入りましたら「長ねぎ」を横にしてみじん切りにします。

※中華包丁について_ご家庭にある洋包丁や牛刀とは、まず大きさが違い、そして両刃です。片刄ですと波を打ってしまうことがありますが、両刃であることにより、真っ直ぐ斬り下ろすことができます。また、大きいので食材を乗せて移動することができますし、食材を叩いて潰すこともできます。大きく重いので使いにくいと思われるかもしれませんが、重い方が力を必要とせずに切ることができます。これらが中華包丁の利点です。

「絹ごし豆腐」を1.5cm角に切りますが。大豆の旨味が含まれている「豆腐」には、余計な水分はないと思いますので、水切りなどはしません。
「豆腐」の持つ〝旨味〟と〝水分〟で麻婆豆腐を作ります。

炒める

中華鍋は鉄鍋が基本ですが、必ず煙が薄く出るくらいまで熱してから使います。ここに油を少し入れてなじませます。
鍋の表面に油をコーティングすることによって焦げにくくなりますので、料理をする場合は必ずここからスタートします。
「豚ひき肉」を炒めますが、必ず弱火から炒めます。いきなり強火で炒めてしまいますと、パラパラになる前に表面だけ焦げてしまいます。
「豚ひき肉」がほぐれてきてから温度を上げます。
「麻婆豆腐」に適した「豚ひき肉」は、少し粗めのもの〝粗挽き〟を使います。
炒め始めは「豚ひき肉」から出た水分で濁ります。この水分は臭みがありますので、これを飛ばすために「豚ひき肉」がパラパラになっても炒め続けます。
水分が飛んで油だけになりますと、ジューッという音から、パチパチという音に変化しますので、ここで火を止ます。

さらに調味料を加えますが、調味料を入れるときには必ず火を止めるようにします
「豆板醤」「甜麺醤/てんめんじゃん」を鍋に入れて混ぜてから、火を点けて弱火で、「豆板醤」と「甜麺醤」の香りを立たせます。
香りが立ったら再度火を消して「水」を加えます。
麻婆豆腐の場合、中華スープよりも水の方がストレートな味が出ます。

さらに「豆腐」を入れますが、「豆腐」から水分が出ますので、初めに「水」を入れすぎないことが大切です。
「水」を入れすぎてしまうと「豆腐」の味が薄まり、醤油などの調味料をその分多く入れることになり、調味料の味がたってしまって、全体の旨味が損なわれます。
鍋に「豆腐」を入れた際に、液面上から顔を出す程度の「水」加減とします。
このまま弱火で1分半から2分ほどゆっくり煮て「豆腐」の水分を出します。「豆腐」を「豆腐」自身が出した水分で煮ます。「豆腐」は絹ごしで柔らかいため崩さないようになるべく混ぜません。
混ぜる場合は、鍋を揺するかお玉の裏側で優しく混ぜるようにします。
液面が上がって「豆腐」が隠れてきたタイミングで味付けします。
調味料は、味見をしてみて足りない量の醤油を少しと、臭み消しの「酒」を加える程度です。
味を整えて、「豆腐」の角が丸くなってきましたら「水溶き片栗粉」を入れます。
「水溶き片栗粉」は、必ず火を止めてから入れます。火を点けたままですとダマになり、とろみがばらついてしまいます。
「水溶き片栗粉」を入れるときも、一気に入れるのではなく、鍋を揺すりながら、なるべく細かく入れるようにします。
「水溶き片栗粉」を入れてから火を点けて混ぜ合わせます。
とろみがついたところで「長ねぎ」「ニラ」のみじん切りを入れて「ラー油」を入れます。
「麻婆豆腐」は最後にしっかり焼くことが大事です。
ここで初めて強火にして、鍋肌が焦げるくらいにしっかりと焼きます。
30秒ほど焼いて表面に油が出てきましたら、器に盛ります。
盛り付けるときも、「豆腐」が崩れないように、お玉を使うのではなく鍋から器にそのまま注ぎ入れてください。
最後に「花椒(ほわじゃお)/四川の山椒」をかけるのが理想ですが、なければ日本の「山椒」でも構いません。

最後にしっかりと焼くことによって、まわりに油が浮き出た〈麻婆豆腐〉の完成です。

  材料〈2人から3人前〉

 材料

豚ひき肉  80g/絹ごし豆腐  1丁(300g)/長ネギ(みじん切り)  大さじ2/ニラ(みじん切り)  大さじ2

 〈調味料>

豆板醤  小さじ1/甜麺醤  大さじ2/酒  大さじ1/醤油  大さじ1・1/2/水  120㏄/水溶き片栗粉  大さじ2/ラー油  大さじ2/花椒(ほわじゃお)  少々

 

作り方

① ニラと長ネギをみじん切りにする。
② 絹ごし豆腐を1.5cm角に切る。水切りはしない。
③ 中華鍋を煙が出る位まで熱し、油をなじませる。
④ 中華鍋に豚ひき肉を入れ弱火で炒める。豚肉がほぐれたら温度を上げる。豚肉の水分が無くなりパチパチと音がしてきたら火を止める。
⑤ 中華鍋に水を入れ豆腐を加え、弱火で1分半~2分程煮る。酒、醤油を加え豆腐が崩れないように混ぜ火を止める。
⑥ 水溶き片栗粉を細く入れ火をつけてとろみをつける。
⑦ 長ネギ、ニラを加えラー油を足し、強火にして30秒程焼いて香ばしい香りをつける。
⑧ ⑦を器に盛り、花椒を好みでかけ完成。

料理塾

関連記事