1. ベトナムのスープと麺鈴木珠美

  2. 中華のスープ田村亮介

  3. 革新フレンチ魚編髙橋雄二郎

  4. マンマの料理魚介編濱崎泰輔

  5. 海老を食すⅢ中華料理

  6. 海老を食すⅡフランス料理

  7. 海老を食すⅠ鈴木珠美

  8. カツが食べたい

  9. 生パスタが食べたい濱崎泰輔

  10. 夏に食べたいフランス料理秋元さくら

  11. 夏に食べたい日本料理髙橋有希

  12. 夏に食べたい韓国料理ジョンキョンファ

  1. 蟋蟀在戸 生姜編

  2. 霜始降る 浅蜊編

  3. 鴻雁来る 茄子編

  4. 水始涸る セロリ編

  5. 雷乃収声 韮編

  6. 玄鳥去 ブロッコリー編

  7. 草露白し 牛蒡編

  8. 禾乃登る クレソン編

  9. オレキエッテOrecchiette/生パスタ

  10. 綿柎開くの旬菜 バジル編

  11. 涼風至の旬菜 南瓜編

  12. 大雨時行の旬菜 モロヘイヤ編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

中華料理 飯田徹也 料理の時候 春の料理 冬の料理 新着レシピ

マンゴープリン

「よだれ鷄」
飯田徹也

真夏の果実をプルンとした食感でさらにおいしく

口伝

中華風ふきみそ

「マンゴープリン」は慣れますと10分ほどでできますので、夏場などに作りますと皆さんに喜ばれます。

下準備

「マンゴー」には真ん中に大きな種がありますので、種に沿って包丁を入れます。
スプーンで皮沿いをアボガドのように、実をすくって取ります。
すくい取った実を2cm角に切ります。

「板ゼラチン」を適当な大きさにして、浸るくらいの水で、5分から10分ほどふやかします。
「板ゼラチン」が柔らかくなりましたら、水を切ってザルに入れます。

マンゴープリンを作る

鍋に「水」「砂糖」を入れてかき混ぜて、「砂糖」が溶けましたら「牛乳」を加えます。
鍋が沸騰しましたら一旦火を止めて、戻した「ゼラチン」「マンゴーピューレ」を入れ温めます。
しっかり全体が混ぜ合わさったら、火からおろして鍋ごと氷水で冷やします。
ここでカットした「マンゴー」を入れて、粗熱を取ってから「生クリーム」を加えてます。
マンゴーは時期などによって酸味が変わりますので、味見をして酸味が足りない場合は、「レモン汁」で調整します。
かき混ぜながら冷まします。
全体にとろみがついて、表面に照りがでてきましたら、器に注いで、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めてください。
「マンゴー」は、夏の果物なので、ガラスの器などがよろしいかと思います。

夏の食卓を彩ると思います、色も綺麗な〈マンゴープリン〉お試しください。

  材料〈2人前〉

 材料

マンゴー  1/2個/マンゴーピュレ  230g/砂糖  50g/水  40ml/牛乳  120ml/生クリーム  50ml/レモン汁  少々(マンゴーの酸味で合わせる)/板ゼラチン  1枚(1.5g)/ミント  お好みで

 

作り方

【下準備】
・板ゼラチンを水で戻す。
・マンゴーを2cm角に切る。

① 鍋に水、砂糖をいれ火にかける。砂糖がとけたら牛乳を加える。
② 沸騰してきたら火を止め、水気を切ったゼラチン、マンゴーピュレを入れよく混ぜる。
③ 火から離して氷水で粗熱を取り、マンゴー、生クリームを加える。味を見て、酸味を加えたい場合はレモン汁を加える。
④ とろみがついてきたら器に流し入れ、冷蔵庫で1~2時間冷し固める。
⑤ お好みでミントをあしらい完成。

◆ゼラチンを入れる際は必ずいったん火を消してから入れる。

 

 

料理塾

関連記事