1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

フランス料理 古賀純二 料理の時候 通年料理 新着レシピ

生うにのウフ・ブルイエ

「シェ・ イノ」
古賀純二

フランスの朝食の定番、ふわっと口に広がる濃厚なおいしさ

口伝

生うにのウフ・ブルイエ

ウフ・ブルイエoeufs brouillesはフランスでよく朝食などに登場する、フランス流のスクランブルエッグです。
朝一番に食べて元気になる料理です。
「シェ・イノ」のコース料理のアミューズ・ブーシュ(突き出し)としてお出しすることもあります。
本日は「生うに」を使いますが、いろいろな食材に応用できる料理だと思っています。

ウフ・ブルイエを作る

ボウルに「無塩バター」「生クリーム」「卵」を入れて湯煎で温めますが、「卵」はなるべく新鮮で鮮度の良いものをお使いになると、より簡単で美味しく出来上がります。

火加減を一番弱火にして湯煎しながらかき混ぜます。


泡立て器でかき混ぜますが、あまりカチャチャやらないようにして、ボウルの側面から熱が入りますので、固まった「卵液」をボウルの表面から削り取るようにして混ぜます。

馴れてきましたら、もう少し火を強めて早めに手早く作れるようになります。
仕上がりとしては、ダマにならないなめらかな状態を目指します。

濃度が高くなって、泡立て器の筋が若干残る程度になりましたら、そこで一回火から外します。

ここに、「生うに/卵3個に大して1/4箱強」を入れて卵液の中で潰してからなめらかにして、再び湯煎しながら温めます。



仕上げに「塩」で味を整えます。

仕上げの目安は、盛り付けの際に添える「生うに」が乗る程度の濃度です。


器に「ウフ・ブルイエ」を注ぎ、軽くオーブンで温めた「生うに」と「キャビア」を添えて「セルフィーユ」を飾ります。

「鶏卵」「生うに」「キャビア」と卵の三点セットといったところでしょうか。

とろとろの卵に濃厚なうにに生クリームを加えたフランス流のスクランブル・エッグ〈生ウニのウフ・ブルイエ〉完成です。

 

  材料2人から3人前

 材料

卵 3個/生うに 1/2箱/バター(無塩) 30g/生クリーム 大さじ2/塩 適量/キャビア 適量/セルフィーユ 適量

 

作り方

① ボウルに卵、バター、生クリームを入れて弱火の湯煎にかけ、絶えず泡立て器で混ぜながらゆっくり火を通す。とろみがついてボウルの底に泡立て器の跡がつくようになったら、湯煎から外す。
② 生うにの半量を加えて軽くつぶしながら混ぜる。もう一度湯煎にかけて混ぜ、うにが温まって全体がなじんだら湯煎から外し、塩で味をととのえる。
③ 器に②を盛り、残りのうに(オーブンやトースターで軽く温めてもよい)をのせ、キャビア、セルフィーユを添える。

なめらかに仕上げるため卵液は泡立たないようにかき混ぜる。
ゆっくり卵液に火が通るように、湯煎は必ず弱火にする。

関連記事