1. 濱崎泰輔夏の一皿

  2. 古賀純二夏の一皿

  3. 浅見健二夏の一皿

  4. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  5. ジョンキョンファ夏の一皿

  6. 小薇梅雨の薬膳

  7. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  8. 鈴木珠美の春の一皿

  9. 山﨑美香の春の一皿

  10. 桜海老が食べたい

  11. 野﨑洋光一汁三菜の四

  12. 野﨑洋光一汁三菜の参

  1. 大雨時行 大蒜編

  2. 鷹乃学習 雲丹編

  3. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  4. 腐草蛍為 鰹節編

  5. 麦秋至 烏賊編

  6. 竹笋生 長芋編

  7. 蛙始鳴 帆立編

  8. 虹始見 芹編

  9. 雷乃声発 菜の花編

  10. 雀始巣 桜海老編

  11. 草木萌動 椎茸編

  12. 土脈潤起 蒟蒻編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

日本料理 髙橋有希 料理の時候 夏の料理 新着レシピ

みょうがとしし唐の
手まり寿司

 

「ヒカリヤ」
髙橋有希

おもてなしに彩り豊かな野菜のお寿司

口伝

みょうがとしし唐の手まり寿司

お客様が見えた時などのおもてなし料理として、大変喜ばれると思います。

具材の準備

熱々のご飯に寿司酢を混ぜた「寿司飯」に白ごまを和えたものを用意しました。
※寿司飯の作り方はこちらをご覧ください
白ごまを混ぜることによって、香ばしい「寿司飯」ができます。

「寿司飯」を小さな団子状にしておきます。

「みょうが」は甘酢漬けにしたものを使います。
※みょうがの甘酢漬けの作り方はこちらをご覧ください

「みょうが」の中心の部分を取り除きます。

「しし唐」の焼きびたしを、種を残したまま開いておきます。
※しし唐の焼き浸しの作り方はこちらをご覧ください

 

手まり寿司を巻く

ラップを適当な大きさに切り、食材を乗せ包みます。

お好みでワサビなどを添えても美味しいかと思います。
しっかりとしっかりとラップで包み締めることが重要です。

今回は「みょうがの甘酢漬け」と「しし唐の焼きびたし」で「手まり寿司」を作りましたが、「ナスの浅漬け」や「焼いたしいたけ」などでも美味しい「手まり寿司」ができます。

包みましたらラップのまま10分から15分置いて形を作ります。
形を作りましたらラップを外し、器に盛り付けます。
「しし唐の焼き浸し」の上には、一緒に漬け込んでおいたかつお節を乗せます。

季節のあしらえを添えて〈みょうがとしし唐の手まり寿司〉の完成です。

材料〈4人前〉

 材料

寿司飯  120g/白ごま  少々/みょうがの甘酢漬け  4個/しし唐の焼き浸し  4個

 

作り方

① 寿司飯に白ごまを混ぜ、15gずつ丸める。 
② みょうがの甘酢漬けは中心部分を少し取り除いておく。ししとうは包丁で開いておく。 
③ ラップを広げ②のみょうがを置き、①の寿司飯をのせて丸くしぼり、手まりにする。ししとうも同様にラップで丸くしぼり手まりにする。 
④ ラップに包んだまま10分~15分置き、形をなじませる。 
⑤ 器に盛り付けて完成。

料理塾

関連記事