1. 浅見健二夏の一皿

  2. 夏に食べたい日本料理②髙橋有希

  3. ジョンキョンファ夏の一皿

  4. 小薇梅雨の薬膳

  5. 秋元さくら初夏の一皿魚介編

  6. 鈴木珠美の春の一皿

  7. 山﨑美香の春の一皿

  8. 桜海老が食べたい

  9. 野﨑洋光一汁三菜の四

  10. 野﨑洋光一汁三菜の参

  11. 野﨑洋光一汁三菜の弐

  12. 野﨑洋光一汁三菜の壱

  1. 菖蒲華 鮎魚女(油女)編

  2. 腐草蛍為 鰹節編

  3. 麦秋至 烏賊編

  4. 竹笋生 長芋編

  5. 蛙始鳴 帆立編

  6. 虹始見 芹編

  7. 雷乃声発 菜の花編

  8. 雀始巣 桜海老編

  9. 草木萌動 椎茸編

  10. 土脈潤起 蒟蒻編

  11. 鶏始乳す 馬鈴薯編

  12. だしの取り方

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

夏至

夏至_令和4年6月21日から令和4年7月6日まで

虫送り

夏至_暦の上では盛夏となりましたが、近年にしては凌ぎやすい日々が続いています。

江戸時代から続くこの時期の農村の伝統行事に〈虫送り〉があります。

田んぼの害虫を退治し、豊作を祈願するもので、日本全国各地で行なわれていました。
むかしは、農薬等もなく害虫になすすべなかったことから、地域の子供たちが集まってお寺からお札をもらい、松明と太鼓、鐘などを手に持って田んぼの中を練り歩き、火と音で害虫を追い払っていました。
虫送りが行われる時期は地方によってまちまちですが、概ね夏至の前後の6月中旬から7月中旬にかけて行なわれていました。

現在は、夏の風物詩、祭り、観光行事として、三重県の丸山地区、福島県の三島町、石川県の白山市、香川県の小豆島などの地域で「虫送り」が行なわれています。

例えば、小豆島の虫送りは、夏至から11日目にあたる、半夏生(はんげしょう)の頃に行われます。
参加者は、火手(ほて)と呼ばれる竹の松明を田んぼにかざして、「とーもせ、灯せ」と声にしながら〈中山千枚田〉と呼ばれる棚田の畦道を下ります。
暗くなった棚田の畦道を、ゆっくりとたくさんの松明の灯が下って行く様は、幻想的な美しさです。

今回の特集は、日本料理特集「夏に食べたい日本料理② 髙橋有希」とシェフの知恵は「腐草蛍為/鰹節編」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹