1. 鶏ももパリパリ

  2. 髙橋有希睦月の和食

  3. 山﨑美香冬至に豆腐

  4. 藪崎友宏冬の薬膳

  5. 山本誠冬の一皿

  6. 山下敦司初冬の一皿

  7. 髙橋雄二郎秋の一皿

  8. 西沢健三秋の一皿

  9. 音羽創秋の一皿

  10. 飯田徹也初秋の一皿

  11. 田村亮介夏の一皿

  12. 濱崎泰輔夏の一皿

  1. 雉始雊 小豆編

  2. 雪下麦出 葱編

  3. 鱖魚群 豆腐編

  4. 橘始黄 豆乳編

  5. 金盞香 ルッコラ編

  6. 山茶始開 鬱金編

  7. 蟋蟀戸在 蕪編

  8. 鴻雁来 パセリ編

  9. 雷乃声収 グリンピース編

  10. 禾乃登 ピーマン編

  11. 寒蟬鳴 オクラ編

  12. 大雨時行 大蒜編

  1. 料理人街

  2. 日本料理 Japanese

  3. フランス料理 French

  4. イタリア料理 Italian

  5. 中華料理 Chinese

  6. 韓国料理 Korean

  7. ベトナム料理 Vietnamese

大寒

大寒_令和5年1月20日から令和5年2月3日まで

松遇

大寒_一年のうち寒さがもっとも厳しくなる時期ですが、次の節気は〝立春〟です。静かに春を待つ頃でもあります。

旧暦は新月を基準にしていますので元旦ももちろん新月です。ですから15日の小正月は必ず満月となります。
本来、〝松の内〟は、その歳の最初の満月の日までとされていました。
関東では1月7日までが松の内ですが、関西では15日までが松の内とされているのが昔の名残です。
小正月には鄙びた行事がいくつかあります。
餅の入った小豆粥を食べ、左義長(さぎちょう)・どんど焼きで松飾りや注連縄を焼く火で餅を焙り一年の無病息災を祈り、餅花で豊作を祈願します。

昔の人は、松の内がすぎてしばらくを〝松遇(まつすぎ)〟と呼び、この頃までに正月呆けの頭を切り替えていましたが、忙しすぎる現代では遅すぎるようです。
1月半ばまで正月気分でいられた時代と、4日には仕事始めの現代、どちらが豊かな時代なのでしょう。

今回の特集は鶏もも パリパリ」とシェフの知恵は「 雉始雊 小豆編」です。

『シェフパートナーズ 料理塾』編輯子 秋山 徹

メールマガジンのご登録

最近のレシピ

  1. 春野菜のXO醬炒め

  2. ブリの照り焼き

  3. スタミナみそ汁

  4. 肉じゃが

ピックアップレシピ

  1. ザァージャン麺

  2. よだれ鶏

  3. 鶏手羽のヌクマム揚げ

  4. 豆もやしと搾菜の豆板醤和え

おすすめレシピ

  1. 江戸のおせち料理 田作り

  2. グレープフルーツ釜ゼリー

  3. 具だくさん炒麺(焼きそば)

  4. パッパルデッレストーンクラブのトマトクリームソース